teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


グランドプリンスホテル高輪

 投稿者:加藤順子クリスマスディナーメール  投稿日:2011年11月16日(水)00時52分36秒
  今年もあっという間に残すところ1ケ月とちょっとです。
早いですね~。今年は日本人にとって忘れ難い一年となってしまいました。
そして、団結して、復興に立ち向かっていくことを誓いあった年ではないでしょうか?

年末の恒例になっているクリスマスディナー。開催もどうなることやら、、、心配していましたが、無事に行われます。
場所が赤坂プリンスから高輪プリンスに移りまして、愛と平和を祈る一夜にしたいと考えております。
予定しております、12月22日、24日につきましてはチケットが完売しております。
追加公演が12月20日(火)(加藤順子のバースデーであり、夢見る想いのジリオラ・チンクエッティーさんも同じ誕生日)に決定しております。
こちらも残りわずかとなっています。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 

加藤順子の千葉コンサートをよろしくお願いいたします!

 投稿者:若葉文化ホールコンサート応援団  投稿日:2011年10月31日(月)22時10分18秒
  加藤順子の各地でのモーニングコンサートも定着、支持率が上がってきました。
朝早い!!!というマイナーな意見よりも、
朝から気合が入る、元気になる!
終わった後でゆっくりランチができる!
一日が有効に使える!
孫が幼稚園、保育園に行ってるから出かけられる!など
時間帯について好評をいただいております。
11月7日は千葉振興会主催の「若葉文化ホール」でのモーニングコンサートです!

どうぞ、お知り合いの方に宣伝をよろしくお願いいたします。
尚、

・10月31日(月)産経新聞・千葉県版
・11月 2日(水)読売新聞・千葉県版
・11月 4日(金)朝日新聞折り込みチラシを千葉市内

に折り込み、掲載されますので、こちらも要チェックです。
応援よろしくお願いいたします。

http://www.f-cp.jp/info/kouen.php?serial=1337

 

カンツォーネの女王・加藤順子コンサート2

 投稿者:千葉市文化振興財団  投稿日:2011年10月31日(月)21時42分40秒
  60年代に流行った名曲を熱唱します!(ホームページ・スケジュール欄のデーターに一部誤りがります。以下が正しい当日の詳細です。)


日時 平成23年11月7日(月)
開場10:00 開演10:30
出演 加藤順子
会場 千葉市若葉文化ホール
千葉市若葉区千城台西2-1-1

千葉モノレール「千城台駅」徒歩3分
※当日ご来場の際は、駐車場は台数に限りがございますので、バス・モノレール等の交通機関をご利用下さい。
入場料 前売一般1,800円
前売財団会員1,620円
前売4人グループ券5,000円
当日2,000円
※全席指定・消費税込み
※当日の財団会員及び4人グループ券はございません。

プレイガイド
①千葉市民会館        043-224-2431
②千葉市文化センター     043-224-8211
③千葉市若葉文化ホール    043-237-1911
④千葉市男女共同参画センター 043-209-8771
⑤京葉銀行文化プラザ     043-202-1790
⑥千葉市美浜文化ホール    043-270-5619
チケット発売日 2011年9月8日(木)

お問い合わせ 千葉市若葉文化ホール
043-237-1911
その他 【曲目】
夢みる想い、カルーソー、アル・ディラ、ラ・ノビア、ひまわり、愛は限りなく 他
※曲目等は、都合により変更になる場合があります。

http://www.f-cp.jp/info/kouen.php?serial=1337

 

パーシモンコンサート行ってきました!

 投稿者:あぐらふぉ  投稿日:2011年10月16日(日)21時17分0秒
  初めて、マイクを使わない加藤順子コンサートを聴きました。生、いいですね!感動しました。11月の当会のイベントではバンドで歌うコーナーと、マイク無しのコーナーと両方を希望します。楽しみにしています。  

彼の人に

 投稿者:ケサラ  投稿日:2011年10月10日(月)09時57分6秒
  「本当に彼が撮りたかったもの」とは? 否、本当に撮るべきものは既に撮りつつあった。
あの出版社氏のお言葉は、半分は正しい。スチールをモーションに転じてカトリーナの舞台を常に描写していたはず。彼の心の被写体は決まっていたのだから。ただ集大成としては未完となった。それを無念と思っている彼を知る多くのお方がいるでしょう。

 言うなかれ 君よ 別れを 世の常を また生き死にを
 海原はるけき果てに 今や はた 何をか言わん
 熱き血をささげる者の 大いなる胸をたたけよ・・・
 

小さな村の物語

 投稿者:Villageメール  投稿日:2011年10月 9日(日)17時45分3秒
  先日、BS日テレ番組「小さな村の物語イタリア・チェリアーナ」を偶然、オープニングの楽曲に引き込まれて観ました。
チェリアーナはフランス国境に近く、800年以上も続く森に囲まれた村、よく働き美味しいものを食べ、歌を唄うことが日常の暮らしに溶け込んでいる。辛い時も悲しい時も歌は村人を勇気付ける。村には5つものコーラスグループもある。
山仕事や畑仕事に励む人々、最愛の人との出会い、美しい自然、加えてバックに流れる数々のイタリアカンツオーネ、テレビの前に釘付けとなり感動の1時間でした。
オープニングとエンディングのL’apputamento(逢いびき)と途中挿入曲のCatari,Catariが印象的。
人間の理想郷とは何か、正しく美しく暮らすとはどういうことなのか、改めて考えたい~が番組制作の意図とか。映像を通して自然の中で生きる人間模様に魅了されました。

チェリアーナを取り上げた先日の放送は再々放送(09年9月に初回放送)であったことを後で知り、如何にアンコールが多かったことも分かりました。チェリアーナはシリーズ52回目の作品とのこと。
この番組は4年間、100回を越え現在も進行中の長寿番組であることも初めて知り、また、第4回ヨーロッパメディアテレビ部門グランプリ受賞、視聴率も高く多くの人に親しまれている番組であることも分かりました。
4年間も知らなかったとは、何ともモッタイナイことでした。
昨夜(8日)はジャーヴェの村でした。

http://www.bs4.jp/document/italy/outline.html
 

感激です

 投稿者:あるファン  投稿日:2011年 9月25日(日)21時17分16秒
  カトリーナは華麗で花が咲きほこっているようでした。舞台はヤクルトホール「№61 カンツォーネ大集合」ゲスト出演の場面です。
「トゥーランドットのように」を全身で謡いあげるカトリーナが、あまりに素晴らしいので
しばらく放心状態にも。
 

やっぱり彼の人

 投稿者:ケサラ  投稿日:2011年 9月21日(水)23時27分36秒
   数年前のことだ。ある芸術協会のレセプション会場に招待されたカトリーナに尋ねたことがある「彼はどんな人?」って。
「そんなことは聴かないで」彼女は穏やかに、だがピシッと云った。
 マズイ質問をしてしまった、スマナイと即座に心で詫び反省した。
その反省はそれ以来たった今に至るも続いている、とカトリーナに伝えたい。

実は彼に聴きたい案件があったのだが、言葉が悪かった。
結局最後まで聴けずじまいなってしまった。
「いまさびしい男」よ、自分も仲間だ。
 

彼の人

 投稿者:いまさびしい男  投稿日:2011年 9月20日(火)23時01分3秒
  あの方の作られた多くの映像を出版物で拝見したが、それは勿論ほんの一部にすぎない。

本当に撮りたいとされたであろうスチール作品で、確かにそう推測でき、また僕が一番好きなワンカットがある。
原版はカラーだそうで、僕が拝見したのはスミ1色刷物だった。

作家の熱の入れようがその設定に表現されている。
モデルさんはカトリーナ。
顔は帽子に隠れて見えないが、イタリアの街路に大胆なポージングで座り込んでいる。
隠された顔は、現実の本人でなくやがて来る明日、大きく飛躍するであろうカトリーナを、
予測し描いている。

fotoは未来を想い、未来のために残す。
その上fotoは人間の眼よりもっともっと良く見る。

彼の人がイタリアの街で決めた刹那を
僕は今感じている。


日大芸術学部写真学科卒で、世界中を50ヵ国も飛び回ったとのこと。それでも
あの方が最後まで失わず心に大切に保管した刹那の連続は、
イタリアの街に記銘していたはず。

仕事が忙しかった、いやあまりに真摯に入れ込み、
自分が本当に追求すべき力までも注ぎ込んだ、とある専門家の説。だから
人柄も含め仕事は評判が並はずれに良かった、とも。

お別れの会の来客数は予測をはるかに超えた。
時間もかなり延長された。
本人が在席していて友人たちと宴会を盛大にやっているようだった。

イタリアの街で、また同じポーズをカトリーナにとって貰いたい。
 

元気にさせてください

 投稿者:カトリーナのファン  投稿日:2011年 9月16日(金)12時45分42秒
編集済
  加藤順子様、3月11日には地震と無関係に個人的に一大事が生じていたなんて。ライブではおくびにもお出しにならなかったから、私など全く知り得ませんでした。半年後に打ち明けられたのですね。ご心中お察し申し上げます。

私の母は入院を嫌がりました。一度入院すればもう帰れないと悟っていました。結果そのとおりでした。
ある知人は健康そのもので身体に悪いもの一切せず、取らず、スポーツに励んでいましたが、思わぬところで入院して検査となりました。「どこも悪くない、何も出ないよ」と云っていたそうです。
ところがです、悪いところが発見されまして、即刻手術をしなければ手遅れだとの診断となってしまいました。で、結果は信じられないまでに無残でした。
どうなったのか素人などには不可解で、ただ信じられない出来事で終わりました。
病院嫌いの方だったので、検査入院したら箱で帰って来た、と冗談を云っていたのを覚えています。
検査しなければ良かった、とその家人と私は悔恨の中考えています。
年齢が重なって検査すれば必ず何かが出ます。
しかし何の手も打たなくても、そのまま知らずに全う出来るのでしょう、穏やかに。
カトリーナのお気持ちと無念さはとても良くわかります。
しかし「元気になるコンサート」で、逆に私たちが勇気づけられるわけです。
次なるライブを早く聴きたいと渇望します。

 

レンタル掲示板
/38