teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:60/372 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

シャンパーニュライヴ

 投稿者:テツロン  投稿日:2012年 3月23日(金)18時04分50秒
  通報
   21日(水)のシャンパーニュライブ堪能しました。

 私は、大阪万博のあった高校生の頃(1970年頃)、カンツォーネにはまっており、当時発売されていたレコードを、遡って集めていました。当夜のライブで歌われた、1960年代のカンツォーネは、全て歌手名とセットで覚えており、大変懐かしく、若かりし頃に思いを馳せていました。特に好きだったのが、オルネラ・ヴァノーニとピーノ・ドナッジョの曲でしたので、「チェルカミ」、「音楽は終わったのに」、「命をかけて」そして、「この胸のときめきを」、「青空に住もう」に大感激でした。また、私が初めて購入したレコード(当時の実家にとっても、記念すべき初めてのレコードでしたが)は、ジリオラ・チンクエッティの「雨」とマッシモ・ラニエリの「愛の詩」がカップリングされたシングル盤でしたので、その両方の曲が聴けたことも含めて、大満足のライブでした。

 コンコルソ・チャレンジャーズの4名の方は、皆様それぞれに個性があり、さすがレベルが高い方々ですね。順子さんは、ソロはもちろんチャレンジャーズの方とのデュエットにも奮闘され、大変お疲れ様でした。でも最も大変だったのは、ピアノの金益さんですね。特に第二部では、歌手は変われど、一体何曲連続して演奏されたのでしょうか?金益さんも、本当にカンツォーネがお好きなようですね。

 私は、大学生になった頃より、新しいカンツォーネを聴かなくなってしまい、「君と旅立とう」が、カンツォーネしかもサンレモ音楽祭での曲だったとは、全く知りませんでした。そう言えば、シャンパーニュでも誰かが歌っていたような気がします。今後は、新しいカンツォーネにも、目を向けて行きたいと思いますので、宜しくお願いします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:60/372 《前のページ | 次のページ》
/372