teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:73/372 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大臣の涙

 投稿者:Village  投稿日:2011年12月 7日(水)17時49分56秒
  通報 編集済
  イタリアの女性大臣エルサ・フォルネロ労働・社会政策相が記者会見で国民に痛みを与える財政緊縮策を発表中に嗚咽してしまった。そのことが「大臣の涙」として論争を起こしているという。
一部メディアの調査だと72%が「いらついた」、28%が「感動した」とのこと。
イタリアでは男性が記者会見で泣くことはまずなく、日本人の涙の会見が「珍しいもの」としてよく話題になるらしい。

確かに、日本ではスポーツ選手など引退の記者会見などでは泣く場面が多い。それに感動する人も少なくない。国民性の違いでしょうが、感極まった時など涙する姿は人間的に思えるのですが。

「大臣の涙」~もしかすると、日本で同じ場面が生じたら「いらつく」と「感動した」は逆転しているかもしれない。でも政治の世界で感傷的になるのはタブーですかね。

今日、映画「RAIL WAYS」を観てきた。途中で涙を抑えることが出来ませんでした。

 
 
》記事一覧表示

新着順:73/372 《前のページ | 次のページ》
/372