teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:94/372 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

OHTA-SAN

 投稿者:Villageメール  投稿日:2011年 9月10日(土)13時48分51秒
  通報 編集済
  知る人ぞ知るウクレレの神様「ハーブ・オオタ」さんを招聘しようとする若者達をサポート、今月の4日に実現した。
ステージネーム・OHTA-SANはハワイ音楽界のスーパースター。
指の動きは神業でウクレレを通して日本音楽を世界に紹介したこともあり日本政府から勲章も授与された。レパートリーの広さにも驚き。
120名の客席はウクレレ、ギターの愛好者が多かったこともあり感動と興奮のルツボとなった。

しかし終了後、友人(ミュージシャン)の感想にハッとした。
彼曰く、超大物の超絶な技巧に酔いしれたが、綺麗な日本語も感動ものでした~と。
OHTA-SANは1934年生まれの日系二世。
最近乱れている(進化している?)日本語をご存じないためか、確かにオオタさんの日本語が新鮮に感じた。
戦中、戦後に育った私の世代は早口で尻上がりの発声、極端に簡略化され言葉、造語、メール言葉の氾濫など決して否定しようとは思いませんが、美しい日本語は大切にしてもらいたいもの。そのこともオオタさんが教えてくれた。
クラシック、ハワイアン、ポップス、ジャズ、日本の歌など1時間を越すウクレレ演奏は楽しく、一服の清涼剤となった。

しかし、です。
人に感動と勇気と希望を与えるのは加藤さんの歌です。
今まで、どれほどの人が加藤さんから素晴らしい歌のプレゼントを貰ったことでありましょうか。
また、いまも、どれほどの人が、それを待ち望んでいることでしょうか。
誰もが、加藤さんの歌を心のサプリメントとしているのです。
ウクレレコンサートが終わった後、私はそう思った。

11日には早稲田グリークラブコンサートに出掛けます。
音楽って素晴らしい。


 
 
》記事一覧表示

新着順:94/372 《前のページ | 次のページ》
/372