teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


レインボーまつり

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月27日(火)15時42分22秒
返信・引用
  地元開催ということもあって「レインボーまつり」に午後から参加させていただきました。


紙芝居を見て差別の実態に愕然としました。「健聴者の妹は祖父母や親戚の人から誕生日プレゼントをもらうのに、聴覚障害のある主人公はそのようなことをしてもらえず、代わりに母親がおにぎりを作ってくれた」という部分が二日たっても頭から離れません。仕事に関しても、健聴者と賃金に差をつけることはもちろんですが、それ以前に雇用する時点で非正規だという事をきちんと伝えてないことに憤りを覚えます。協力者を得て法的な交渉ができればよかったのにと悔しいです。


バザーでは新鮮な野菜が魅力的でした。おなす(3本入り100円)を買いました。大きくてきれいでとてもおいしかったです。
 
 

ザンバラさんへ

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月24日(土)22時41分30秒
返信・引用
  ザンバラさん。その後、お元気ですか?
6/11植物園例会にはザンバラさんはお見えにならず、6/18吃音講座でもザンバラさんらしき人はおられなかったようなのですが、京都言友会のサイトには毎月の例会その他の行事案内が掲載されていますので、ご都合のよろしい時にはぜひ、ご参加下さいませ。m(_ _)m

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

S君は…

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月24日(土)22時29分27秒
返信・引用
  あべさん。森川さん。
私は言語聴覚士や臨床心理士ではなく勿論医者でもないので、適切な見解を言える立場ではないのですが。菊池良和先生(京都言友会2017年1月22日の吃音講座で講師をしていただきました)の顔本https://www.facebook.com/yoshikazu.kikuchi.92 では、数年間不登校で引きこもりの少年の事例を挙げておられます。
でも、S君は学校には毎日登校してますよね?そうであるなら「やる気スイッチ」云々とは一寸違うかなと思いますが…。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

やる気スイッチ

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月24日(土)15時30分55秒
返信・引用
 
阿部様へ
すごく参考になるお話をありがとうございます。

実はふう様から出された宿題に気を取られていて、この三日間ぐらい掲示板を見ていなかったのです。こんないい情報を頂きながらお返事が遅くなり、本当にすみません。(これじゃまるでふう様のせいにしてるみたいですが・・・)

その宿題というのは作文なのです。多分「エンドレス」だと思います。そこにも少し書いたのですが、言友会に入れていただいてから私自身が少し変わろうと思って、Sくんの好きなことや得意なことを多く入れるようにしてみました。うまくできるといつもより多く話してくれます。この辺から気持ちをほぐしていけないかなあとも思うのですが、阿部様の投稿を拝見してこれはもしかして「やる気スイッチ」と関係があるのかなと思いました。でも逆に機嫌取りかなあとも思います。どう思われますか?私にはわからないです。

また先日の講演会で横井先生が仰っていた思春期特有の現象なのかなあとも思います。

グループ別討議では小学6年生と中学生のお母様がいらっしゃって私と同じようなことを言われていたので、「おんなじ、おんなじ」と思って聞いていました。

時間がかかりそうですが色々探っていきたいです。例えば阿部様からこうして情報を頂けたりするのは本当にありがたくて「頑張ろう」と思えます。これからもどうぞ色々教えてください。お願いします。

またお目に掛かれることを楽しみにしています。
 

森川様へ

 投稿者:あべあきひさ  投稿日:2017年 6月21日(水)18時58分40秒
返信・引用
  九州大学の菊池良和先生のFacebookより
読んでて、森川様が接しておられる中学生を思いました。
参考になるかどうかは分かりませんが、一理あるのかなと思った次第です。

吃音診療で一番難しいことは、やる気スイッチをオフとなった子の支援。
高校の不登校から4年みているが、ほぼ引きこもり状態だが、家事の手伝いはする。
進学やアルバイトはどう?と提案しても、そういう気にはならない、とのこと。親には、とことん甘えるつもりとのこと。
ASDの特性はあり、自分で決めたことは、こちらが提案してもテコでも動かない。
小中学校の先生への不信感が主ですが、この4年間での診療でもっと違う風なアプローチがあったのかと自問自答するが、なかなか難しい。
表面上の吃音より、やる気スイッチが大事という結論になります。
 

Re: 昨日のお礼

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月19日(月)12時52分31秒
返信・引用
  森川由美子さんへのお返事です。

> 昨日はありがとうございました。円町駅からの道順も分かりました。
⇒円町駅から京都市聴言センターまでは、初めての方は少し迷われるかも…。 無事に到着されて良かったです。

> 休憩時間などに色々な方から声をかけていただき、お話しできて嬉しかったです。
⇒それは良かったです。小生は準備や冊子類の売り子など、色々と"仕事"があって殆どお話などできませんでしたが、今後ともよろしくお願いします。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

昨日のお礼

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月19日(月)11時20分6秒
返信・引用
  昨日はありがとうございました。円町駅からの道順も分かりました。

休憩時間などに色々な方から声をかけていただき、お話しできて嬉しかったです。机や椅子の移動をどうしたらいいか分からなくて、初めのうちは役立たずですみませんでした。途中から分かりました。

まだ2回参加しただけですが、また行きたいと思っています。

お世話して下さった皆様、ありがとうございました。取り急ぎ礼申し上げます。
 

円町

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月17日(土)16時10分32秒
返信・引用
  18日は、お勧めいただいた“乗り換えなし”で行きます。

            分かりやすい地図もありがとうございました。
 

6月18日吃音講座(2)

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月16日(金)20時56分24秒
返信・引用
  毎日新聞さんが6月16日(金)紙面で、 京都市聴言センターで開かれれる6月18日「吃音講座」(今年度第1講)の案内記事を掲載して下さいました。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

6月18日吃音講座

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月15日(木)14時44分41秒
返信・引用 編集済
  6月18日(日)に、京都市聴言センターで開かれれる「吃音講座」(今年度第1講)の案内記事を、京都新聞さんが6月13日(火)紙面で掲載して下さいました。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

Re: 6月18日

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月13日(火)14時54分39秒
返信・引用
  森川由美子さんへのお返事です。

> 聴言センターに伺うのは初めてです。京都駅からだと地下鉄烏丸線の御池から東西線に乗り継ぐのが良いでしょうか。
⇒京都市聴言センターに一番近い鉄道の駅は地下鉄東西線の西大路御池駅で、そこから北方面に歩約4分の所に聴言センターがあります。なので、京都駅から地下鉄烏丸線に乗ったなら烏丸御池駅で東西線に乗り換える必要があります。
一方、京都駅でJR嵯峨野線に乗ったなら、3つ目の円町駅で下車すると南方面に歩約7分の所に聴言センターがあります。
駅から聴言センターまで歩く時間は、地下鉄よりも少し長いですが、乗り換えがないので、京都駅からの全所要時間はJR嵯峨野線経由の方が短いかなと思います。
※聴言センターの簡易地図を添付しました。

★S君のことについては、当日、講師の横井秀明先生(まだ若い人です)に、講演後の質疑応答時に、質問されるとよろしいかと存じます。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

6月18日

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月13日(火)11時06分11秒
返信・引用
  拡大したらちゃんと見えました。ありがとうございます。

さて、6月18日の講座に参加させて頂きたいと思っています。聴言センターに伺うのは初めてです。京都駅からだと地下鉄烏丸線の御池から東西線に乗り継ぐのが良いでしょうか。バスは時間が読めないので電車にしたいと思っています。


Sくんですが、好きなことと得意なことを中心にするようになってから、表情や態度は明るくなったと感じますが、やはり自分からは殆ど話しません。「もう1回やりたい!」と言葉で伝えてくれたのは初回だけで、今は自分の書いた曲のノートを見せて私の肩をトントンと叩き、自分が先に楽器の前に行って“おいでおいで”をします。これが「もう1回やろうよ」の合図なのです。

彼が話したがっていないのに無理をさせることもやりたくなくて、毎回こんな調子です。けれども、本人の機嫌はとても良くて休まずに来るので、先ずは私が勉強しようと思っています。

ただ、自分の練習不足を棚に上げてずけずけと言いたいことばかり言う他の子に比べて、Sくんが自分の気持ちを十分に表現してないと感じることが色々あるので、工夫をしたいです。


18日もしっかりお話を聞かせて頂こうと思います。よろしくお願いいたします。
 

Re: 丸数字22

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月12日(月)22時07分7秒
返信・引用 編集済
  > No.2127[元記事へ]

森川由美子さんへのお返事です。

> 摂社の1番目から摂社、末社に関係なく通し番号で数えていくと藤木社が22番目になるのです。これって偶然でしょうか。
⇒分かりません。又そのうち、調べませう。

>時代祭の6枚目、お稚児さんが楽しそうに笑っているのがいいですね。でも、その横に一人だけ現代の服装の人が馬を引いているのがなんだか場違い。あと一人分ぐらい衣装を何とかしたら良かったのにね。
> これらはどこで撮影されたのでしょうか。建物を見ただけでは分かりませんでした。
⇒サイト内の時代祭写真集を久しぶりに確認したのですが、私も6枚目の馬方さんは昔の衣装を着て欲しい気がしました。現代服を着ているのは、馬が暴れた時に制御しやすいからかな、とも思ひましたが、9枚目では(前の馬方さんは現代服ですが)後ろの馬方さんは昔の衣装ですから、さういふ理由ではないのかも。
撮影場所は御池通りの御幸町通り付近(京都市役所の西数十メートル)です。

> それと、7枚目はもしかして私がフォトモンタージュと間違えたツツジと同じような症状ではないでしょうか?なんだか他の写真と様子が違ってます。
⇒あれは、演舞中の槍の全長を写すために縦に撮影して一覧表でも縦に置いたため、マスの右半分が空白になりました。拡大すれば普通に見えると存じます。

> その後、紅葉も見に行ったのですが、時代祭は10月だからそれほどでもないのですが、紅葉の時期はやはり、空気感というか、光の色が違っていて6月の気分ではちゃんと楽しめなくて、11月頃にもう一度訪れようと思いました。
⇒季節感を大事になさる森川さんのお気持ちは、繊細さを尊ぶ大和撫子の鑑のやうです。感銘を受けました。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

丸数字22

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月12日(月)18時32分30秒
返信・引用
  ふう様のご指摘を受けて早速確かめたところ、ホームページではなくてWikipediaで見たのを間違えていました。ありがとうございます。それで、摂社8と末社16書いてあるのですが、摂社の1番目から摂社、末社に関係なく通し番号で数えていくと藤木社が22番目になるのです。これって偶然でしょうか。


さて、時代祭と紅葉を見てきました。時代祭の6枚目、お稚児さんが楽しそうに笑っているのがいいですね。でも、その横に一人だけ現代の服装の人が馬を引いているのがなんだか場違い。あと一人分ぐらい衣装を何とかしたら良かったのにね。
これらはどこで撮影されたのでしょうか。建物を見ただけでは分かりませんでした。もう何年も時代祭を見てないなあと思って写真を拝見しました。

それと、7枚目はもしかして私がフォトモンタージュと間違えたツツジと同じような症状ではないでしょうか?なんだか他の写真と様子が違ってます。


その後、紅葉も見に行ったのですが、時代祭は10月だからそれほどでもないのですが、紅葉の時期はやはり、空気感というか、光の色が違っていて6月の気分ではちゃんと楽しめなくて、11月頃にもう一度訪れようと思いました。
 

Re: 末社

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月11日(日)00時47分39秒
返信・引用 編集済
  森川由美子さんへのお返事です。

> なんでしょう!この奥行き!!深呼吸をして全身に酸素が行き渡った時のような気持になる風景です。花、水、庵がなんとも心を落ち着かせてくれます。「いいなあ」と思って見ています。これは前回おっしゃっていた拝観料の要るお庭なのでしょうか。美しいです。撮影ポイントから奥までどのくらいの距離なのでしょう。すごく遠近感を感じます。
⇒サイト表紙ページの写真は梅宮大社の神苑のものです。茅葺の建物は池中亭茶室というようです。
撮影点から奥までは、目測で30メートル位かな?
6/8の神苑は、紫陽花・花菖蒲・蓮などが咲いていて、大変綺麗でした。
苑内は広々としていて、花々が咲いている時期の入苑券550円は安いくらい。唯一惜しかったのは、梅林になっている出口近くが通せんぼにされていたことでした。梅の実を失敬されるのを防ぐためかな?

> 加えてそして 、藤木社の文字まで確認して頂いて、恐縮の極みです。梅宮大社から上賀茂神社まではいくら125mlで飛ばしても結構遠いし、行ったら帰らなくてはならないのに。本当にごめんなさい。
⇒藤木社の再訪は6/1で(会報の“直接配達”の際、その近くを通りかかりましたので)、梅宮大社の再々訪とは別の日なので。ご案じなさいませぬように。

> でもそのおかげで、また「末社」が知りたくなりました。「本社に付属する小さな社で、摂社に次ぐ格式を持つもの」なのだそうです。上賀茂神社のホームページに摂社8末社16の名前があって藤木社の名前も見つけました。
⇒ 上賀茂神社のホームページhttp://www.kamigamojinja.jp/
には「末社」等の説明箇所が見当たりません…。京都観光案内的なサイトには載っていますが。
そのようなサイトでは、末社の数は16とあるのに、藤木社の玉垣の札には「末社(22)」とあるのは不思議…。

> 今から、トップページ左下の「時代祭写真集」と「京の紅葉写真集」を見に行きます。
⇒ありがとうございます。それらの多くはフィルム撮影のポジ写真をスキャンしたものなので、鮮明度は今一ですが…。

■写真は、神苑内の(紫陽花らしい)紫陽花。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

末社

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月10日(土)15時42分30秒
返信・引用
  なんでしょう!この奥行き!!深呼吸をして全身に酸素が行き渡った時のような気持になる風景です。花、水、庵がなんとも心を落ち着かせてくれます。「いいなあ」と思って見ています。これは前回おっしゃっていた拝観料の要るお庭なのでしょうか。美しいです。撮影ポイントから奥までどのくらいの距離なのでしょう。すごく遠近感を感じます。

そして2枚目。6月だし、やっぱりアジサイが見たいなあと密かに思っていたので、「やった」の気持ちです。


それにしても「1回200円」を訪ねて下さったと知り、びっくりするやら申し訳ないやら。本当にすみません。そして本当にありがとうございます。謎が解けました。

加えてそして 、藤木社の文字まで確認して頂いて、恐縮の極みです。梅宮大社から上賀茂神社まではいくら125mlで飛ばしても結構遠いし、行ったら帰らなくてはならないのに。本当にごめんなさい。
でもそのおかげで、また「末社」が知りたくなりました。「本社に付属する小さな社で、摂社に次ぐ格式を持つもの」なのだそうです。上賀茂神社のホームページに摂社8末社16の名前があって藤木社の名前も見つけました。ここに投稿するたびに新しいことが分かります。


今回はネコが3匹。それぞれ模様が違っていて並べて見ると楽しいですね。「覆いつきベッド」はお賽銭箱の上(!)にあります。やっぱり猫たちは優遇されているのでしょうか、みんなふっくらしています。


今から、トップページ左下の「時代祭写真集」と「京の紅葉写真集」を見に行きます。それでは、本日はこれにて。
 

明日(6月11日)植物園例会

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月10日(土)08時10分50秒
返信・引用
  京都言友会では、明日(6/11(日))に、京都府立植物園にて「植物園例会」を開きます。
アジサイ・バラ・ハナショウブなどの美しい花やヒマラヤ杉・松などの樹木を眺めつつ、その感想を来園者のなかで話すことは、吃音への恐れを軽減させる効果があると思います。
ご都合の良い方はぜひご参加を。

集合は、13時30分に植物園の北山門前です。
ザンバラさん。植物園は左京区ですので、ぜひ。(北山門前付近で『京都言友会』と書いた紙を13時20分頃から13時30分まで掲げます。)

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

梅宮大社の猫ちゃん

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月 8日(木)23時21分38秒
返信・引用 編集済
  「京都言友会のサイト」表紙ページの写真を更新しましたので、ご覧下さいませ。

今日は猫ちゃんが3匹いました。今日は顔が撮れました。
社務所の横には、猫ちゃん用ベッド(覆い付き)が数個ありました。

5/15投稿の写真で、箱に貼られた「一回二百円をお供えください」ですが、社務所に聞きました。
「あれは、おみくじを入れてる箱で、参拝者が自分でおみくじを取り出した時に200円を入れてもらう、という意味です。」とのことでした。
※今日の2番目の猫ちゃんが乗ってる箱の中に、おみくじが見えます。左側におみくじの説明板があり、その左側に猫ちゃん用ベッド(覆い付き)が覗いていますね。

5/23投稿の写真で、藤木社の玉垣に付けられた札の上部の"文字"ですが、「末社(22)」(実物はマル囲いの22ですが、環境依存文字なので(22)としました)でした。

森川様。森川さんは明るいながらも控えめで謙虚なお方とお見受け致しておりますが、この掲示板では、別段、ご遠慮は無用ですので、分からないことや疑問があったら、どんどん質問して下さいませ。当方は反応が遅いので、即座の対応ができない場合もあろうと思いますが、ご返事は致したいと存じます。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

I love dog 

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月 7日(水)14時32分36秒
返信・引用 編集済
  ほんと!犬に変わりました。楽しくて何回もネコ→イヌ→ネコ→イヌ・・・と遊んでしまいました。

もう、こんな投稿に返事はいらないです。ほんとにいつもすいません。

http://

 

Re: 18日と25日

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月 6日(火)18時57分56秒
返信・引用 編集済
  > No.2120[元記事へ]

森川由美子さんへのお返事です。

> 25日について早々にご連絡をありがとうございます。それでは、13時から参加させていただきます。自転車で行きます。ほんとは徒歩でも行ける距離です。
> 「淡路ふくろうの郷」のホームページも拝見しました。
⇒6/25の集会は、吃音とは直接の関係はないのですが、京都言友会は50年前の発足間もなくの頃から、聴覚障害者の団体と協同の活動を行なって来た歴史があります。年に数回、その種類の集会が開かれますので、会報等にも案内を載せています。

> ところで、「民家の屋根のねこ」だけでなくツバメも新しく登場していますね、初夏らくて爽やかです。
> ネコの写真の上下に猫のイラストがあるのは偶然?
⇒カットやアイコンの画像(パソコン雑誌から利用)は、なるべく季節に合うものを選んで、折節に取り換えています。
仕切り線の猫のイラスト(棒ぶら下がりと毬つき)もパソコン雑誌からのものですが、写真部分にマウスカーソルを載せると、犬のイラスト(骨しゃぶりと小屋飛び出し)に変わりますでしょう?
猫・犬の仕切り線の画像は、ずっと前からそのままで使ってます。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

18日と25日

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月 6日(火)16時54分38秒
返信・引用
  25日について早々にご連絡をありがとうございます。それでは、13時から参加させていただきます。自転車で行きます。ほんとは徒歩でも行ける距離です。
「淡路ふくろうの郷」のホームページも拝見しました。


25日より先に18日にも参加させていただきたいと思っています。近づいたらまた連絡します。よろしくお願い致します。


ところで、「民家の屋根のねこ」だけでなくツバメも新しく登場していますね、初夏らくて爽やかです。
ネコの写真の上下に猫のイラストがあるのは偶然?
 

Re: エンドレスを拝読して

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月 4日(日)23時54分41秒
返信・引用
  森川由美子さんへのお返事です。

>昔、京都言友会の事務所が柳馬場通二条下がるにあったと知って驚きました。私の実家から100メートルくらいです。前を通って小学校に通っていたことになります。
⇒森川さんは、昔は京都市内のど真ん中に住んでいらしたのですね。
私の京都言友会への入会は17~8年前ですので、「柳馬場通二条下がる」時代の会は直接には知りません…。

> R9を飛ばして丹波自然運動公園までってちょっとすごいですね。何CCですか?
⇒その日は晴天だったので、どうってことなかったです。排気量は125m㍑(CC)です。なので、高速道路(京都縦貫道)には乗れません。125m㍑を超えるバイクなら乗れますが、通行料金が要ります…。

>ところで、同封していただいた「レインボーまつり」はとても近いので行きたいのですが、午前中は自治会の清掃活動があって行けません。13時からの講演だけ参加することはできないでしょうか。
⇒もちろん、かまいませんとも。講演者の大矢暹氏については、下記URLをご参照ください。
http://hyoufuku.main.jp/fukurou/f-aisatsu/

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

エンドレスを拝読して

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月 4日(日)16時51分50秒
返信・引用
 
会報を送っていただいてありがとうございます。


運営委員の皆様の抱負を拝見して、多くの方のご努力で会が成り立っていることが分かります。ありがとうございます。
これだけのボリュウムのものを毎月エンドレスに発行し続けるのは容易ではないと思います。


発送の費用を抑えるために“直接配達”とありました。私は月に一度は何かに参加したいと思っています。その時に直接いただいてもいいです。でも一人分ぐらい節約するためにかえってややこしいかな。


昔、京都言友会の事務所が柳馬場通二条下がるにあったと知って驚きました。私の実家から100メートルくらいです。前を通って小学校に通っていたことになります。


R9を飛ばして丹波自然運動公園までってちょっとすごいですね。何CCですか?


ところで、同封していただいた「レインボーまつり」はとても近いので行きたいのですが、午前中は自治会の清掃活動があって行けません。13時からの講演だけ参加することはできないでしょうか。25日までに教えていただきますようお願いいたします。
 

Re: 皆様の、努力の結晶

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月 3日(土)22時21分43秒
返信・引用
  > No.2116[元記事へ]

鉄さんへのお返事です。

会報がお手元に届くといつも丁寧に読んで下さり、この掲示板に読後感想文を投稿して下さる鉄さん。いつもありがとうございます。

>  しかし、皆様に、励まされて、なを、努力しますね。宜しくお願い致します。
⇒私も鉄さんに励まされてなお努力したいと思います。

>  京都言友会の掲示板。見違えるように、活気にあふれて、立派です。
⇒以前は、1か月に1度、鉄さんと私だけの投稿でした。(私が返事投稿を怠っていた時もありましたが、鉄さんは次の月には、必ず会報の読後感想文を投稿してくれました)。

ここ1ヶ月半ほど、森川さん・春うらら♪さん・あべさん・ザンバラさんらの投稿(とりわけ、森川さんの活発な投稿)が相次ぎ、この掲示板も賑わいをみせました。大変ありがたいと思っております。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

皆様の、努力の結晶

 投稿者:  投稿日:2017年 6月 3日(土)16時44分58秒
返信・引用
  京都の、皆様の、努力の結晶。会報、394号。ごくろうさま。こうして、毎月、会報の発行できるのは、なみなみならない、皆様の、努力の結晶です。
 トップの記事「朗読例会」
 深呼吸の練習。50音の、発声練習など、それも、人の前で、行うのは、吃音者に、とって、精神的に、大きな「困難」です。その、困難に、正面から、取り組む姿勢が、尊いです。

「朗読練習」
 最後の方には
 「吃音改善に、直結するとは、言い難い」
 「吃音が少しでも、軽くなっていくかも、知れません」希望が、みられる文章ですが、あわせて、皆様の「困難」も、察せられます。
 しかし、苦手音を少しでも、克服していくーー尊い思いです。皆様の努力の継続、期待しています。

 4ページ
 もと、京都言友会の方、学生時代とか、卒業直後の゜困難  よく、乗り越えて、尊いものです。そして、現在は、40年あまりの公務員生活。終えて、「行政書士」として、社会のお役に、立っている。とっても、貴重な、人生です。

 3ぺーじ
 新入会員と、ありますから、私は「先入観」で、中学生ーーと、思いこんでいました。この、先入観ーーよくないですね。
 文章。読んでみると「70歳」
 この方。今まで、人生、よく努力しましたね。現在は「完全に治る」「改善」目標にしているーー。立派な、心がけです。どうぞ、若い方、ひっぱってくださいね。

 これは、私事゜ですが、最近は、私の身近に「60歳前後」で、鬼籍に入られる方が、多く、また、私より、若いのに「認知症」「ネタキリ」の人がいて、少し、寂しいです。私も人間です。少しくらい、早いか、遅いかの、違いで、行きつくのは、同じです。
 しかし、皆様に、励まされて、なを、努力しますね。宜しくお願い致します。


 余分なことですが、二つ。
 今月号の会報発送に。努力してくれた三人。ご苦労様でした。
 京都言友会の掲示板。見違えるように、活気にあふれて、立派です。
 

余計な用事

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 6月 1日(木)16時02分35秒
返信・引用
  写真が変わっているかな?と楽しみに開けてみるとネコ!掲示板にある写真は「あ~あ、お母さん行っちゃった」という表情で特に可愛いですね。このところ揚羽蝶、ネコ(梅宮大社)、シカ、ネコ(民家の屋根)と動物シリーズです。ただ、見てる方は楽しいけど月末の忙しい時に余計な用事を作ってしまってすみませんでした。森川の言うことなんかほっといてください。以後気を付けます。


ところで、私は福祉行政に詳しくなんかないですよ。ただ周りにそういう事に関わっている人が多くいます。


一人は近所に住む小学校の支援学級の先生です。この人が音楽で子供を伸ばして欲しいと声を掛けてくるので、色々な親子とお付き合いする機会が続いています。これらの親御さんは本当に一生懸命で、福祉の制度についても教えてくれます。


もう一人は市議会議員をしている教え子です。福祉委員をしていて色々な情報をくれます。つまり私の知識は受け売りなのです。


就労移行支援については、手帳がなくても診断書があればサービスの利用を開始できます。前年度の収入がゼロであれば無料で利用できます。学生さんなどは在学中から利用すると就職活動を進めやすいと思います。例えば、京都府内のE社などは順番待ちのようです。(今は民間企業が支援に多く進出しています)


私の教え子で現在利用している子がいますが、彼は発達障害(スペクトラム)です。吃音の方の利用例がこれまでにあるかどうかは知りませんが、知りたいですね。というか、吃音の方も利用できるかどうかを知りたいですよね。そして前例が無ければ作りたいし、利用できないなんてことならできるように働きかけたいですよね。

なあんて、私が一人で先走ってもしょうがないですが、また教えてください。
 

Re: ふう様

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 6月 1日(木)02時30分38秒
返信・引用 編集済
  森川由美子さんへのお返事です。

>それにしても会費が安くて、こんなので参加費も払わずに講演会を聞かせてもらっていいのかなあというのが感想です。
⇒京都言友会は、吃音者福祉を掲げる「自助の会」ですので、会費はできる限り安く設定してます。
(5/28講演会は、あべさんたちの活動ですが、同じような精神だと存じます)。

>就労移行支援を利用すると、支援者が職場に出向いて調整してくれるようですが、このサービスがいつでも誰でも使えるといいのにと思います。
⇒森川さんは、福祉行政にも詳しい方のご様子。折りを見て、「森川講師」のお話を聞く会のようなものを開きたいな、と思いました。

>6月は18日に参加させて頂きたいと思っています。
⇒よろしくお願いします。

>月が変わるとトップページの写真もかわるのかなあ、などとちっらと期待しています。
⇒最近撮影のものはないので、つなぎ的に、3年前の6月に撮った猫の写真を載せました。通常時の写真は、2匹の子猫が母猫のお乳を吸おうとしてるのかな?(かなり大きくなってるのに、乳離れしてない子猫たちなのかな?)マウスカーソルが乗った時に現れる写真は、母猫が行ってしまった後の子猫たちです。

この掲示板にも、その時の別写真を載せました。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

ふう様

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 5月30日(火)15時26分12秒
返信・引用
 
そりゃあ予告したらちゃんと入会しますよ、当たり前じゃないですか。それにしても会費が安くて、こんなので参加費も払わずに講演会を聞かせてもらっていいのかなあというのが感想です。

講演会では私も色々なことを思いました。誠実さが服を着て歩いているような青年が「職場で質問ができなく自己流でやって怒られた」と話されたことも印象に残っています。私がしゃしゃり出て合理的配慮を交渉したかった、などと非現実的なことさえ思いました。

就労移行支援を利用すると、支援者が職場に出向いて調整してくれるようですが、このサービスがいつでも誰でも使えるといいのにと思います。

6月は18日に参加させて頂きたいと思っています。

余談ですが、あさってから6月です。月が変わるとトップページの写真もかわるのかなあ、などとちっらと期待しています。
 

阿部様

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 5月30日(火)15時06分5秒
返信・引用
  阿部様、ご丁寧なお返事を頂いて恐縮です。しかし、阿部さんが「最悪の結果」とおっしゃっているのを拝見して、私はびっくり仰天しました。

私は阿部さんのご挨拶をなんの違和感もなく拝聴し、「聞いていたことと全然違うやん、すらすら話してるやん」と思っていたからです。①に関してはてっきり書類の確認などをされているのだと思っていました。

阿部さんの中で①~④のようなことが起こっていたことに全然気づきませんでした。だから、メトロノームが必要なくなったのか、何か特殊な使い方があるのかと思ってお聞きしたかったのです。

私が聞き方のポイントを押さえられてないのかもしれませんが「最悪の結果」とはまるで違う印象でした。こう思っているのは私一人ですか?そんなこともないと思うのですがが.、随分ご自身に厳しい方なのだなあと思っています。

私は日常的に言葉をリズムで表すことや、等速感を養う練習を生徒と一緒にしています。なかなかうまくいかないこも多く。ああでもない、こうでもない、と試行錯誤を繰り返しています。また機会があれば情報交換をさせて頂きたいです。
 

5/28吃音講演会

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月29日(月)23時51分1秒
返信・引用 編集済
  昨日は、森川さんにお会いできて良かったです。嬉しゅうございました。(^o^)V
また、この掲示板での予告どおり、ご入会して下さり、ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

あべさんにおかれては、吃音講演会の準備・段取り・進行、真にお疲れさまでした。
色んな団体、個人の方々が集まり、会場がいっぱいになったのは、何といっても、あべさんのご尽力が大きいと思います。\(^o^)/

昨日の吃音講演会では感じ入る事、多々ありましたが、その中で、76歳男性の体験発表で、
「73歳時に、つばさ吃音相談室をノックした際、『人生の残り時間は(吃音改善訓練よりも)他の事にお使いになっては?』と言われて『いや、人生の残り時間が少ないからこそ、吃音改善に取り組むんだ』と"反論"した」というお話は、大変印象に残り、色んなことを考えさせられました。(-_-)

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

返事

 投稿者:あべあきひさ  投稿日:2017年 5月29日(月)22時55分27秒
返信・引用
  森川様へ、
お返事遅くなりました。
吃音講演会へ参加していただきありがとうございました。
私の挨拶ですが、実は最悪の結果だったと思ってます。

①冒頭にかなり吃ってしまい、無言の時間が続いてしまいました。

②メトロノームのリズムに合わせられなかった。

③引き伸ばし法が部分的にしか出来なかった

④ゆっくり話せなかった

以上のことが重なり、吃音の症状が自分が思ってた以上に出てしまいました。


①に関しては、メトロノームのスイッチを入れるタイミングを失ってしまい、メトロノームが無い場合は、殆んど発話出来ない状態です。または、発話出来ても文章が成り立たないので、何を言いたいのか分からないと思います。

②に関しては、緊張しすぎて、メトロノームの音が耳に入ってませんでした。当日のリズムは、140→160→180の順番であげていきました。 本来なら一拍に一音の予定でしたが、それが出来てませんでした。足も震え、手も震え、発話することに意識が行きすぎて、リズムを聞くことが出来なかったことが原因と思います。
当初の予定では、リズムを140→160→180→消音と変化させて行く予定でしたが、リズムに合わせることがまともに出来ない状態で、メトロノームの音を消すことは、自殺行為に近いので、踏みとどまりました。

③に関しては、部分的には出来てたと思ってますが、リズムが140の時に十分な引き伸ばしが出来てなかったので、最後まで響いてしまいました。それに伴いすべてが悪い方向へ行き

④が、出来なかった。
吃音の症状がなるべく出ないようにするには、最低でもゆっくり話すことが、最低条件です。

以上が、私の反省点です。

この掲示板で以前言ってたことが出来なかった。
森川様には、何故だろうかという疑問が出てきたことと思いますが、原因は、私の練習不足が招いた結果だと考えてます。

もっともっと、精進しないといけないなと思います。

140から始めた理由は、自分の中ではその速さなら大丈夫だという思いがあったのですが、テンパってしまい、結果的には出来なかったということでした。

ゆっくり会でもっともっと練習しないとダメなんだと、再確認しました。

では、私の反省文だけになってしまいましたが、これで失礼します。


 

お礼

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 5月29日(月)11時03分6秒
返信・引用
  昨日はありがとうございました。感想があり過ぎてここには書ききれませんので、一番印象に残ったことをひとつ。

阿部様のメトロノームテンポがどんどん上がっていったことに驚きました。お誘い頂いた時の投稿には60~80とありましたが、昨日の後半は120~130くらいあったと思います。また、メトロノームの拍と文節の頭を必ずしも合わせておられるわけでもなかったですし、1拍に入る音の数も一定ではありませんでした。

私は毎日メトロノームを使いますが、ひたすら拍をあわせることと1拍に入れる数を気にしているので、昨日の阿部様の使い方に大変関心を持ちました。いつか機会があればどのように活用されているのか伺ってみたいと思いました。

取り急ぎ御礼まで。
 

Re: 28日について

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月25日(木)22時15分5秒
返信・引用 編集済
  森川由美子さんへのお返事です。

5月23日(火)15時22分13秒の森川さん投稿に、これまで気付かず、申し訳ありません´_`
5月23日(火)15時23分25秒の私の投稿の1分前に投稿されてたんですね!

> そろそろ5月28日が近づいてきました。当日、入会手続きもお願いしたいと思っていますが、時間がかかりますか?その分早く行く必要がありますか?お金の他に例えば印鑑とか身分証明書などが要りますか?また、私は正会員と購読会員のどちらにすればいいですか?今後も勉強会にはできるだけ参加させて頂きたいですが、みなさまのご迷惑やお邪魔になることはしたくありません。アドバイスをお願いいたします。

⇒ご入会手続きの時間はさほどかからないと思います。私は当日のスタッフではありませんが、なるべく早めに参りたいと存じます。

(入学手続きなんかじゃないので)身分証明書など不要ですよ。印鑑はあった方が良いです。
森川さんご自身は非吃音者ですし、京都市外に住まいですし、二重の意味で「購読会員」でかまいません。購読会員でも、例会や吃音講座など、会の行事へのご参加は自由に出来ます。

では、再度申しますが、会場はバンビオ1番館といって、JR長岡京駅西口出て左側すぐのビル(駅から渡り廊下あり)です。部屋は6階の創作室1とのことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Re: シカ!

森川由美子さんへのお返事です。

> 明神川の写真を拡大すると、せせらぎが聞こえてくる様な不思議な気持ちになります。
⇒森川さんの「せせらぎ」表現に心癒される想いです。

> 藤木社の玉垣に掛かっている札の「藤木社」の文字の上に何か書いてあるのですが、これは拡大しても判読できませんでした。文字じゃない気もする。
⇒私も読めません。撮影画像はネットうpを考えて解像度を一番低くしてまして…。

> でもやっぱり一番びっくりしたのは上賀茂神社の周りに鹿がいることです。奈良公園みたいにその辺を歩いているのですか。撮影当日に遭遇しましたか?
⇒奈良公園のシカは天然記念物として保護されているので、白昼堂々公園内を闊歩していますが、大田の沢のカキツバタを食べるシカは、2~3年前から(人目を避けて)夜間に出没するようになったそうです。なので、私は遭遇しておりません^v^。監視カメラの設置でシカが花を食べるのが分かったそうで、今は沢の周りにシカ避け網が張られています。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

シカ!

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 5月25日(木)16時14分0秒
返信・引用
  フォトギャラリーに新しい作品が出るとやっぱり見てしまいます。しかも今回は天然記念物と保存地区。

明神川の写真を拡大すると、せせらぎが聞こえてくる様な不思議な気持ちになります。

藤木社の玉垣に掛かっている札の「藤木社」の文字の上に何か書いてあるのですが、これは拡大しても判読できませんでした。文字じゃない気もする。

でもやっぱり一番びっくりしたのは上賀茂神社の周りに鹿がいることです。奈良公園みたいにその辺を歩いているのですか。撮影当日に遭遇しましたか?

今回も興味が広がって色々調べました。3枚の写真をきっかけに随分楽しみました。藤木社の楠は樹齢500年だそうです。
 

社家町・藤木社・大田の沢

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月23日(火)15時23分25秒
返信・引用 編集済
  ★写真は、社家町(しゃけまち)と藤木社(ふじきのやしろ)、大田の沢(おおたのさわ)のカキツバタ群落、です。(いずれも2017年5月18日撮影)。

社家町は、上賀茂神社の南側を流れる明神川沿いの家並みです。元は同神社の神職らの住居群でしたが、今では神社関係者は殆ど住んでいないそうです。風情ある家並みとして、1988年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

藤木社は、社家町の家並みの東端に位置し、祠とクスノキの古い巨木を朱塗りの玉垣が囲っています。(植わっているのはクスノキなのに「藤木」とは…)

大田の沢は、藤木社の北東、歩いて5~6分の所の大田神社の境内にあります。この沢のカキツバタ群落は天然記念物に指定されています。以前は青紫の花が一面を完全に覆うくらいに咲き誇っていましたが、近年はシカの食害により、花の数が減っているようです。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

28日について

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 5月23日(火)15時22分13秒
返信・引用
  そろそろ5月28日が近づいてきました。当日、入会手続きもお願いしたいと思っていますが、時間がかかりますか?その分早く行く必要がありますか?お金の他に例えば印鑑とか身

分証明書などが要りますか?また、私は正会員と購読会員のどちらにすればいいですか?今後も勉強会にはできるだけ参加させて頂きたいですが、みなさまのご迷惑やお邪 魔にな

ることはしたくありません。アドバイスをお願いいたします。
 

Re: 200円

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月17日(水)23時35分58秒
返信・引用 編集済
  > No.2103[元記事へ]

森川由美子さんへのお返事です。

> あれってネコに200円をお供えするということでしょうか。それとも、写真に写ってないところに祭壇などがありましたか?
⇒猫ちゃんに200円お供え、ってことはないでしょう。(今度行ったら社務所に尋ねてみますが)猫ちゃんはたまたまその箱の上に乗ってたのでしょう。(背中にちょっと触ったら、ニャンと鳴きましたが、逃げず)。

梅宮大社は、境内は自由に入れるのですが、神苑は550円要ります。5/5は入らずで、5/15は入るつもりでしたが、外のツツジがあの状態なら、神苑内の花々も萎れたのが多いかなと思って、この日も入らず。
神苑には四季の花々が、それぞれの時期に咲くようですので、別の花々が咲いた季節に神苑に入ろうかなと存じます。

むろん、他の神社仏閣その他の施設や公園等で、美しいもの・目を惹かれるものがあれば、撮影して、サイトや掲示板にうpしますね。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

200円

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 5月17日(水)20時40分5秒
返信・引用
  昨日からずっとネコの写真のことを考えているのですが、不思議な写真です。「本日のねこちゃん」となっているので、ふう様はネコにフォーカスされていたのだと思うのですが、私は箱に書いてあることが気になります。あれってネコに200円をお供えするということでしょうか。それとも、写真に写ってないところに祭壇などがありましたか?
ネコにお供えをするという意味なら、かなりおもしろいですよ。


ツツジは結構長く咲いているように思っていましたが、10日後の定点観測でこんなに散ってしまうのですね。私は、これまでツツジにはそれほど関心を持っていなかったのですが、このところツツジの写真をたくさん見ているので、道を歩いていてツツジを見かけると、思わず反応してしまうようになりました。とはいっても近所で見るのは赤い「普通」のツツジで、あんな真っ白なのは見ることはできません。
 

Re: わあ、かわいい

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月15日(月)23時55分33秒
返信・引用 編集済
  > No.2100[元記事へ]

森川由美子さんへのお返事です。

> 写真:……お陰でみんなが素敵な写真を鑑賞できます。
⇒ありがとうございます。

> 猫神社:……5月5日はたくさんいましたか?
⇒見かけたのは1匹だけです。実は本日、再び梅宮大社に行ってみました。猫は2匹ほどいました。でもツツジは殆ど散っていました…。(5/5はちょうど満開だったのでしょう)。

> W森川:  ふう様の投稿にW森川があったので、私があんまりやらかすからイエローカードなのかと思いました。他にも色々不思議なトラブルが起こります。
⇒私の5/13投稿で「(W)森川さんへ」となっていたのは、森川さん投稿へそのまま返信投稿したからですね。(森川さんの5/14の投稿で「おまけにふう様にはしっかり真似されるし・・・」は、この事を言っておられたのですね。(理解に至るのが遅くなってすいません)。さっき、5/13の(W)部分を消しました)。

返信投稿は、投稿文の右上の「返信・引用」を押すとできます。「○○さんへのお返事です。」が冒頭文になります。自分の投稿【編集】画面では、投稿者名や題名なども変更できますのでお試しください。

> 近況:   Sくんとの近況を報告します。……レッスンの中で彼が好きなことや、得意なことに時間を多く取るように変えてみました。こうするとSくんの心が柔らかくなるように感じます。先週もアンサンブルをしてうまくいった時、弾き終わった瞬間に「もう一回やりたい!!」と言ってくれました。……久しぶりに見るいい顔で、私も嬉しかったです。
⇒とても良かったですね。

写真は、梅宮大社にて。本日の猫ちゃんと、散ってしまった白花のツツジ(キレイとは言えないか…)。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

Re: 吃音講演会について

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月15日(月)23時39分58秒
返信・引用
  > No.2099[元記事へ]

ザンバラさんへのお返事です。

> 14日、センターに行こうと思っていたのですが睡眠時間がおかしかったので時間的に無理でした。(カレンダーに予定も書き込んでいたのですが行けなかったです)。
⇒それは惜しかったです。

> 吃音講演会なのですが自分は左京区に住んでいるので長岡京市はちょっと遠くて行けないと思います。
> このサイトのトップページにあるセンターの吃音講座、これは参加したいです。6月18日ですよね、ちょっと先なのでまだ行けるかどうかわかりません、出来れば参加したいです。
⇒6/18はぜひご参加をお願いします。
その1週間前に京都府立植物園で「植物園例会」を開きます。(先ほど、サイト内の行事案内表に載せました。)植物園は左京区内ですし、ご都合よかったらぜひご参加ください。

また自分はネットでザンバラと言う名前で書きこんでいます(他のページも)。受付で言えばわかるでしょうか?
⇒吃音講座や例会の受付ではご本名をお願いしますね。

> 昨日もテレビ番組、「バリバラ」の吃音がテーマの回、録画した物を見ていました。吃音の人、かなりどもっていた人もいたのですが普通に話している人もいました。自分も上手く話せる様になりたいです。
⇒バリバラに出た人は、吃音は相当重い人ですが、明るさを失わない人です。彼は、最近まで京都言友会におられましたが、残念ながら退会されました…。

> 親戚の人に聞いたのですが田中角栄さんは昔、吃音で山へ行って大声を出して吃音を治したそうです。また本で読んだのですが本を音読して吃音を克服したとありました。自分も早く吃音を治さないといけないので何とか治療法を見つけたいです。
⇒故田中角栄氏は(その政治的功罪はさておき)、浪花節で吃音軽減の練習をしたと聞きます。生前の演説ぶりを見ていたら、全然どもってませんね。
会として「これなら絶対治りますよ」のような治療法の紹介はできかねますが、ザンバラさんに合う治療法が見つかると良いですね。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

わあ、かわいい

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 5月15日(月)20時46分23秒
返信・引用
  写真:   やっぱり、こっちの方がうんとかわいいです。トップページに現れた瞬間、思わずにっこりしました。でも「写真のネガ反転直りました」は私にはレベルが
      高すぎて単語の意味が全然分かりません。字だけ読めます。直ったことと「ああしんど」だったことだけは分かりました。お疲れ様です。お陰でみんなが素敵な
      写真を鑑賞できます。


猫神社:  はい、ホームページにはありません。梅宮大社を検索するとザーッと出てくる項目の、5番目ぐらい(多分)にある「人も猫も子宝・安産」で宮司さんの話を
      読むことができます。もっとも「猫神社」というのはこの文章を書いた人が勝手に言っているようにも思います。  5月5日はたくさんいましたか?


W森川:  ふう様の投稿にW森川があったので、私があんまりやらかすからイエローカードなのかと思いました。他にも色々不思議なトラブルが起こります。
      掲示板くんと仲良くなりたいです。


近況:   Sくんとの近況を報告します。お三方にアドバイスを頂いた時から私の気持ちに余裕ができました。もし困ったら相談にのってもらえるという安心感です。

      話すことに関してはまだ具体的な行動に移っていませんが、レッスンの中で彼が好きなことや、得意なことに時間を多く取るように変えてみました。
      こうするとSくんの心が柔らかくなるように感じます。先週もアンサンブルをしてうまくいった時、弾き終わった瞬間に「もう一回やりたい!!」と
      言ってくれました。
      私は専門的なことは分かりませんが、彼は「お段」が特に発音しにくいように感じます。でもこの時はそんなことは全く関係なく気持ちが溢れた様子でした。
      初めての経験でした。久しぶりに見るいい顔で、私も嬉しかったです。ありがとうございます。やっぱり相談して良かったです。また報告させて下さい。
 

吃音講演会について

 投稿者:ザンバラ  投稿日:2017年 5月15日(月)10時08分31秒
返信・引用
  14日、センターに行こうと思っていたのですが睡眠時間がおかしかったので時間的に無理でした。(カレンダーに予定も書き込んでいたのですが行けなかったです)。

吃音講演会なのですが自分は左京区に住んでいるので長岡京市はちょっと遠くて行けないと思います。

このサイトのトップページにあるセンターの吃音講座、これは参加したいです。6月18日ですよね、ちょっと先なのでまだ行けるかどうかわかりません、出来れば参加したいです。

ただ自分は、睡眠障害があるので時間的に無理かもしれませんがもし行ければ行きます。
その場合、何時ごろにセンターに行けば良いでしょうか?「参加したい」と受付で申し出れば良いですか?また自分はネットでザンバラと言う名前で書きこんでいます(他のページも)。受付で言えばわかるでしょうか?

昨日もテレビ番組、「バリバラ」の吃音がテーマの回、録画した物を見ていました。吃音の人、かなりどもっていた人もいたのですが普通に話している人もいました。自分も上手く話せる様になりたいです。

親戚の人に聞いたのですが田中角栄さんは昔、吃音で山へ行って大声を出して吃音を治したそうです。また本で読んだのですが本を音読して吃音を克服したとありました。自分も早く吃音を治さないといけないので何とか治療法を見つけたいです。



 

ザンバラさんへ

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月15日(月)04時51分45秒
返信・引用
  お早うございます。ザンバラさん。

5/14の朗読例会にはお姿が見えず、残念でしたが、もしご都合がよろしければ、5/28の吃音講演会にいらしてみて下さい。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

カラー写真のネガ反転、直りました

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月15日(月)04時48分40秒
返信・引用 編集済
  5/11にうpしたカラー写真がネガ反転していた件、やっと修正できました。HTMLソースの記述が知らない間に変わったのかなとか、写真そのものに何か欠陥があったのかとか、色々考えて、バックアップ用の古いデータに置き換えたり、写真を取り換えてみたり、しましたが、効果なし。ふと、うp時に写真データがプロバイダの鯖(サーバ)に完全には転送出来てないのかもと思って、FFFTPで写真データをうpし直したら、まともなカラー写真になりました!
ああ、しんどT▽T

この際、鳥居の写真を白花のツツジに変えました。まるで雪が積もったみたい。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

Re: 杜若(とじゃく)

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月15日(月)00時01分5秒
返信・引用 編集済
  森川由美子さんへのお返事です。

>「へ?」あれは完成品ではないのですか。
> 私はてっきりフォトモンタージュだと思っていて、これまでは威厳のある大きな鳥居や立派な門が多かっ
>たので、時にはお花の写真とかもいいなあと思っていたところに今回きれいな写真が出て、しかもフォトコ
>ラージュ風にアレンジされたカジュアルな感じで、すっかり気に入っていました。

⇒森川さんに気に入ってもらったのは良かったのですが、ネガ反転は意図せぬものなので、何とか原因を突き止めて修正したいです。
うpする前の、ソフト内プレビューではちゃんと綺麗なカラー写真なんですが…。

>新しい3まいの写真をうっとり見ています。花の色がとてもきれい
>で、アゲハチョウもいます。

⇒黒羽の揚羽蝶によくお気付きですね。流石、森川由美子さんは、観察が、感性が、鋭いっす!。
蝶はひらひらとあっちへ飛びこっちに舞うので、シャッターを押しにくかったです。
図鑑を見て知ったのですが、黒羽の揚羽蝶も種類がたくさんあるんですね。薄青の長方形のその角を丸めたような模様を並べた青条揚羽なんてめっちゃ綺麗っす。

>大社のホームページによると5月5日に杜若が咲き始めたということなので、青い花は杜若=カキツバタかもしれません。

⇒何れ菖蒲か杜若…。見分け方を勉強しなきゃって思います。

>また梅宮大社は「猫神社」の別名もあるようです。

⇒梅宮大社のサイトには、「当大社の異名は『猫神社』と言ふ也」とは書いてないようですが…。

>おまけにふう様にはしっかり真似されるし・・・
>森川の投稿に限って、おかしなところを発見したら「本人の同意」など気にせずに訂正して頂いていいこと
>をお願い申し上げて終わります。

⇒おいらは森川様のマネなど致しておらぬと存じまするが…。
なお、この掲示板の管理人は、他人の投稿については、全削除はできますけれど、部分訂正はできませぬ。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

杜若(とじゃく)

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年 5月14日(日)16時23分59秒
返信・引用 編集済
    「へ?」あれは完成品ではないのですか。
   私はてっきりフォトモンタージュだと思っていて、これまでは威厳のある大きな鳥居や立派な門が多かったので、時にはお花の
   写真とかもいいなあと思っていたところに今回きれいな写真が出て、しかもフォトコラージュ風にアレンジされたカジュアルな
   感じで、すっかり気に入っていました。

  「まともな部分」が上だけだと知ってちょっとショック。でも今でも雰囲気が好きです。ただ下の方のお抹茶色の部分の面積
   をもう少し狭くして欲しいなあとは思っていたのですが、理由がわかりました。

  
  「はい」この前アドバイスを頂いた時から色を使ってみたいと思っていました。


   新しい3まいの写真をうっとり見ています。花の色がとてもきれいで、アゲハチョウもいます。

   こんな写真を見ていると、梅宮大社について調べてみたくなるでしょ。

   大社のホームページによると5月5日に杜若が咲き始めたということなので、青い花は杜若=カキツバタかもしれません。
   また梅宮大社は「猫神社」の別名もあるようです。

   最後に。 
 投稿者がダブル森川になっていたのですが、また拒否されていてシングルに訂正できませんでした。
    CookieはONになっていて、同じPCの同じブラウザなのに何故か拒否されるし、おまけにふう様にはしっかり
    真似されるし・・・

    森川の投稿に限って、おかしなところを発見したら「本人の同意」など気にせずに訂正して頂いていいことをお願い申し上げて
    終わります。

http://

 

Re: すてきですね

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月13日(土)03時13分12秒
返信・引用 編集済
  森川由美子さんへのお返事です。

森川さん。お褒め頂き、ありがとうございます。(一部の文字に色付けされたのですね)。

改めて、京都言友会のサイトを見たら、写真画像の上側五分の一ほどはまともな色になっているんですが、下側五分の四ほどはカラーネガが反転したような色になってました。(こんなことは今までありませんでしたが)。

ロールオーバー効果をいったん解除して単独画像にしても五分の四のネガ反転は直らず…。

森川さんのモニターでは、全部まともな色になっているんでしょうか?


◆下の写真3枚は梅宮大社でのもので、別の場所のツツジ・アヤメ(カキツバタ?)・社務所窓口の猫(触っても逃げなかったから大社の飼い猫?)です。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

すてきですね

 投稿者:森川森川由美子  投稿日:2017年 5月12日(金)15時19分9秒
返信・引用 編集済
 


梅宮大社のツツジの写真素敵ですね。

      花
もきれいだけれど、レイアウトがいい。

                それだけなんですが、あんまりかわいかったので。


http://

 

Re: 返信ありがとうございます

 投稿者:ふう  投稿日:2017年 5月 9日(火)14時34分45秒
返信・引用 編集済
  ザンバラさんへのお返事です。

(返信が遅くなり、すいません。かいつまんでご返事しますね。なお、念のため申しますが、この掲示板での私の投稿文は全て私の個人的見解ですので、お含み置き下さいませ)。

> どもり始めた当時は、吃音(どもり)は自分だけだと思っていましたが他の方もおられるんですね。そう言えば当時(小学生ぐらいの時)、喋るときジャンプするように自分に話しかけてくる子供がいました、今考えると難発だったんですね。
> また女性にもどもりの人がいるのには驚きました。男だけの障害だと思っていました。
> 確かに独り言をつぶやく時は、どもりませんね。ちゃんと声も出ます。
⇒吃音者の人口に占める割合は約1%と言われており、吃音者は男性に多く、女性は男性の1/3~1/4と言われてます。

> 日常生活でも電話をかけなければならない時は当然あるでしょうし、自分では出来ません。
> 今日も家の電話が鳴ったのですが吃音が出るので電話に出られませんでした。
> 親戚の人は自分の吃音の事は知っているのですが助けてくれるとは思えません。
⇒ザンバラさんは「独り言をつぶやく時は、どもりません」との事ですので、(電話にせよ、対面にせよ)他の人の存在を意識する(無意識のうちに意識してしまう)ことにより、吃られるのだと思います。
ならば、「他人の存在は、別段気にしない、気にならない」状態になれば良いわけです。一朝一夕には難しいかと思いますが。誰か、ザンバラさんの吃音を知っていて、かつ気のおけない人、リラックス・安心できる人、に話すことの練習相手になってもらうのがよろしいのではないかと思います。

言友会は「安心して吃ることが出来る場所」ですので、言友会に積極的に参加して練習をするのも良い"方法"になろうと存じます。

電話が苦手ならば、(相手がファクスを持っているなら)ファクスするとか、(相手がパソコン・モバイル類を持っているなら(きょうび、殆どの人がどちらかを持っていると思いますが))メールするとか、で意思伝達を図ることが出来るでしょう。

まずは、とりあえず、京都言友会の5/14「朗読例会」にいらしてみてくださいませ。

なお、ザンバラさん。ご投稿の際、できれば適当に空白行を設けていただくと、より読みやすくなりますので、よろしくお願いします。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

返信ありがとうございます

 投稿者:ザンバラ  投稿日:2017年 5月 8日(月)15時25分13秒
返信・引用
  どもり始めた当時は、吃音(どもり)は自分だけだと思っていましたが他の方もおられるんですね。そう言えば当時(小学生ぐらいの時)、喋るときジャンプするように自分に話しかけてくる子供がいました、今考えると難発だったんですね。
また女性にもどもりの人がいるのには驚きました。男だけの障害だと思っていました。
確かに独り言をつぶやく時は、どもりませんね。ちゃんと声も出ます。
いつも吃音が出て、悔しい思いをしています。
自分は母親と2人暮らしなのですが今恐れているのが自分の親が亡くなった時です。電話をかけなければいけないし、葬儀の手配もしなければなりません。親戚への電話連絡も自分がしなければなりません。
この事はセンターの方にも相談しました。
またその後の生活も不安です。日常生活でも電話をかけなければならない時は当然あるでしょうし、自分では出来ません。
今日も家の電話が鳴ったのですが吃音が出るので電話に出られませんでした。
親戚の人は自分の吃音の事は知っているのですが助けてくれるとは思えません。
以前も電話から逃げていた自分に対し、「電話かけろ」と言われたことがあります。
自分は吃音が原因で無口なのですが相手に誤解されて、怒り出す人もいました。とても辛かったです。
学校でも同級生が自分の吃音をマネされて、からかわれた事がありました。
昨年センターに初めて行ったのですが自分の吃音は9才頃から始まりました。今37才です、「もっと早く来い」と言う感じですね。
しかし昔は吃音に対する理解が低かったと思います。自分の話し方がおかしいのに気付いているのに学校の先生は全然配慮してくれませんでした。
小学校、中学校と地獄でした。高校の時は吃音を隠していて授業中当てられても適当に答えていました。本読みもあまり当てられた記憶がありません。
しかし大学では、発表をしなければならずその講義はよく休んでいました。自分は、大学は遊んでいても卒業は出来ると思っていましたが勉強や発表が多い大学だったので結局逃げる様に中退しました。
現在、精神病のため就職も難しいです。診療所の先生は次の段階(社会に出る練習)を勧めて来ますが自分は睡眠障害がひどいのでまだ自信がありません。
吃音だけが原因ではないのですが苦しい日々を送っています。




 

レンタル掲示板
/36