teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


讀賣新聞さんも「吃音講座」案内!

 投稿者:ふう  投稿日:2018年 1月20日(土)22時10分36秒
返信・引用 編集済
  昨日1月19日(金)の讀賣新聞の「京都」面に、1月21日(日)の吃音講座の案内記事が掲載されていました。讀賣新聞さん。ありがとうございました。たくさんの人々のご参加をお待ちしています!

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 
 

毎日新聞さんも「吃音講座」案内!

 投稿者:ふう  投稿日:2018年 1月19日(金)23時59分1秒
返信・引用 編集済
  本日1月19日(金)の毎日新聞の「京都」面に、1月21日(日)の吃音講座の案内記事が掲載されました。毎日新聞さん。ありがとうございました。

★鉄さん。ご投稿をありがとうございます。たくさんの人が「吃音講座」に集まってくださることを期待しています。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

ご苦労様でした

 投稿者:  投稿日:2018年 1月17日(水)19時07分54秒
返信・引用
  サイコロトーク  大勢の人が参加。しかも、初対面の人が多い。
とても、立派なこと。このような人々が、
「言友会  参加して良かった」
 そのように、言って、くれること。期待しています。


 21日の「 イベント」新聞に、取り上げてくれて、幹部の皆、ご苦労様です。
 

京都新聞さんの「吃音講座」案内記事

 投稿者:ふう  投稿日:2018年 1月15日(月)21時06分50秒
返信・引用
  本日1月15日(月)の京都新聞6ページの「福祉」面に、1月21日(日)の吃音講座の案内記事が掲載されました。京都新聞さん。ありがとうございました。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

Re: 1/21 高橋進先生の吃音講座

 投稿者:ふう  投稿日:2018年 1月12日(金)00時19分15秒
返信・引用
  春ウララ♪さんへのお返事です。

春ウララ♪さん。ご投稿をありがとうございます。

1/21(日)13時半からの「吃音講座」については、
京都市内のことばの教室設置の小学校20数校や大学5校、新聞各紙などに、ポスター・チラシを配布しました。京都新聞さんは「1/15(月)紙面に案内記事を載せます」と仰ってくださっています。

多くの方々のご参加をよろしくお願いします!

なお、その前の1/14(日)午後1時半から「サイコロトーク例会」を同じ京都市聴言センターで行ないますので、こちらへのご参加もよろしくお願いします!

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

Re: 1/21 高橋進先生の吃音講座

 投稿者:春ウララ♪  投稿日:2018年 1月 9日(火)14時20分35秒
返信・引用
  1月21日の吃音講座では会員の体験発表やグループ別討論も予定しています。

グループ別討論会は15時30分頃から高橋先生を中心とするグループを設けて
1時間程行う予定です。

参加費は無料ですので会員以外の人もどうぞご参加下さい。


 

1/21 高橋進先生の吃音講座

 投稿者:春ウララ♪  投稿日:2018年 1月 8日(月)11時44分22秒
返信・引用
  1月21日(日)に、たかはしクリニック(京都市)院長の高橋進先生の
講演会がありますのでお知らせいたします。

テーマ   心療内科医の視点からみた吃音について

講 師   高橋 進氏

略 歴   洛北高校卒 京都府立医科大学卒
          平成17年 たかはしクリニック(京都市内)を開院

日 時 : 平成30年1月21日(日) 13時30分~17時00分
会 場 : 京都市聴覚言語障害センター 2階 研修室
主 催 : 京都言友会


 

楽しみにしています

 投稿者:  投稿日:2018年 1月 8日(月)09時00分45秒
返信・引用
   映画感想  魔女の宅急便。
 大要  見たけれど あまり おもしろくなかった

 そのような意味に、感じられました。

 しかし、文章は、面白かったよ。映画見た人の個性が出ています゜。


 話変わりますが、僻地に暮らして、京都なんか、゜一生に一度 行けるかどうかーーそんなところにも゜暮らしていると「京都」それだけの「言葉」にも
憧れ。ありますね。

 良かったら、京都各地、散歩行かれたついで、「写真」撮れたら、紹介してね。
 

『魔女の宅急便』

 投稿者:ふう  投稿日:2018年 1月 8日(月)02時41分40秒
返信・引用 編集済
  1/5放送のアニメ『魔女の宅急便』を見ました。少年少女が見ると、面白く思うかもしれませんが、私自身はさほど感動しませんでした。

魔女のキキは13歳の少女で、箒に跨って空を飛べる魔法しか持ってなくて(あと、相棒の猫と会話ができる)、その“特技”を活かして空飛ぶ宅急便(ヤマト運輸の宣伝みたいですが)の仕事を始めますが、最初の配達で風に吹かれて荷物(鳥かごに入れた猫の縫いぐるみ)を落として行方不明にしてしまうチョンボ!
お客から預かった荷物は、風でも落ちないように箒の軸(柄)にしっかり緊縛して、鳥かごの出入口は開かないようヒモなどで固定しておくのは、初歩の初歩じゃあるまいか。

もっとも、猫の縫いぐるみを探すことで、新しい友達を得ることになるのですが…。

飛行船から落ちそうになったボーイフレンドを救うため、野次馬のおじさんが持っていたデッキブラシを箒代わりにするのですが、おじさんには「(デッキブラシは)必ずお返しします」と言ってたにも拘わらず、エンドロールの背景映像では、ずっとデッキブラシを使って空を飛んでましたから、返してないじゃないの!

他にも、これは如何なものかと思う映像もありました。

というわけで、スタジオジブリの作品は(全部は見てませんが)好きなものが多いのですが、『魔女の宅急便』は、おいらには今いち、でした…。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

Re: 1月号届きました

 投稿者:ふう  投稿日:2018年 1月 5日(金)21時45分50秒
返信・引用 編集済
  > No.2245[元記事へ]

森川由美子さんへのお返事です。

> 「エンドレス」1月号を届けていただきありがとうございました。
⇒無事、会報が届いて良かったです。

> ところで、一日に年賀状が届きましたが、12月の初めにお知らせしたとおり今年は喪中のため新年のご挨拶を遠慮させて頂きます。

⇒昨年1年間に新たに京都言友会に入会された方々に、会に馴染んでもらい、永く会員を続けてほしい、との願いを込めて(個人的にですが)年賀状を出しました。

ですが、12月4日の森川さんの投稿に
「名簿に『年賀状などに』とありましたが、今年は(来年は?)失礼いたします」
と書かかれていたことを失念しておりました。

大変申し訳ありませんでした。m(_ _)m ´_`

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

Re: 動物園とか

 投稿者:ふう  投稿日:2018年 1月 5日(金)21時40分50秒
返信・引用
  > No.2244[元記事へ]

鉄さんへのお返事です。
鉄さん。謹賀新年です。

>   動物園は、焼け残りました。
>  しかし、それ以前、行政の命令で、「虎「ライオン」「豹」は、銃殺されています。
⇒第二次世界大戦(大東亜戦争)時、全国の動物園で、猛獣類が殺処分されました。ネットで検索すると、殺処分方法は、銃殺以外に、薬殺や餌を与えず餓死させる方法が多かったようです。
猛獣類の殺処分は、当時の同盟国だったドイツや敵国だったイギリスでも行われたようです。米国でも計画されていましたが、米国本土が空襲されることは全然なかったので、猛獣類の殺処分は行なわれなかったようです。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

1月号届きました

 投稿者:森川由美子  投稿日:2018年 1月 5日(金)09時35分27秒
返信・引用
  「エンドレス」1月号を届けていただきありがとうございました。
4日に出先から戻ったらポストにありましたので、年末年始のお忙しい時にお送りいただいたものと思います。お世話様です。

ところで、一日に年賀状が届きましたが、12月の初めにお知らせしたとおり今年は喪中のため新年のご挨拶を遠慮させて頂きます。
 

動物園とか

 投稿者:  投稿日:2018年 1月 1日(月)20時13分17秒
返信・引用 編集済
  ハーイ。

 高松市内にあった゜、もと゜、゜動物園は、跡形もなく、消滅。  ただ、私の年令なら、記憶にあるのは、1945年。日本全国の、本土空襲で、高松の、動物園は、目前の、市街地は、壊滅。ただ、動物園は、焼け残りました。

 しかし、それ以前、行政の命令で、「虎「ライオン」「豹」は、銃殺されています。

 平和な時代になっても、゜気の毒なことに、観客は、増えなくて、閉園しました。
 いま、高松市内に「動物園」完全に、ないです。


 ただし、香川・徳島の「県境」に「うさぎ・羊」  など、放し飼いしている「動物園」あったので、私は、バス一台。借りて「身体・障碍者」連れて行く「計画」立てましたが、実現が、出来なかったです。

 放し飼いの「動物園」
 普通の乗用車が、カツカツ 通れるだけの道路。とても、バスは、通れなくて、計画倒れに、なりました。


 動物園がある市は、行政としての「機能」が、充実しています。京都、素晴らしいです。

 お雑煮。

 これ、各地で。千差万別ですね。
 香川県の「お雑煮」あんこ入りの「お雑煮」です。

 

Re: 恐れ入りました

 投稿者:ふう  投稿日:2017年12月31日(日)23時11分40秒
返信・引用 編集済
  > No.2242[元記事へ]

鉄さんへのお返事です。
鉄さん、ご投稿をありがとうございます。

> 今日.お昼過ぎ、教会の礼拝に行って、帰宅したところ、京都言友会報。新年号。届いていました。
⇒会報が無事届いて良かったです。12/28に発送したので、中二日で届いたことになりますね。

> 言えますことは、高松には、動物園、ないですよ。
⇒栗林公園内にあった動物園は2004年3月に完全に閉鎖されたのですね。今は高松市内のどこにも動物園はないのでしょうか。

ところで。明日からお正月で、日本全国でお雑煮を食べるわけですが、かつての職場に香川県出身者がいて「香川県では雑煮にあん餅を入れる」と聞いて「えぇ?」と信じられなくて驚きましたが、他の香川県出身者に尋ねても「そうです」の返事でした。

雑煮は、みそ汁のものと澄まし汁のものとに二分されると思いますが、いずれにしても、“大福もち”をその中に入れるなんてのは、どうも想像しにくいのですが、慣れたら美味しいのかもしれませんね。
ちなみに、かつての職場の人は、「おいらが虫歯になったのは、あん餅入り雑煮を食べすぎたからかもしれない」のように話していました…。

では、鉄さん。皆さん。良いお年をお迎えください。m(_ _)m

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

恐れ入りました

 投稿者:  投稿日:2017年12月31日(日)20時43分26秒
返信・引用
  今日.お昼過ぎ、教会の礼拝に行って、帰宅したところ、京都言友会報。新年号。届いていました。私、まさかと思いました。でも、直ぐには。開封できず、半日、駆け回って今。二回目の帰宅。
 ようやく、開封。出来ました。

 皆様の会報、熱意、伝わってきます。

 動物園の例会。
参加者が、少なかったとのこと。
 私の、経験からすれば、参加者が少なくても、会の運営に対しては。何百倍の熱意があると、思います。
 わたしも、同様。
 二人の例会でも、熱意は、減じないです。やる気が、盛り上がります。


 言えますことは、高松には、動物園、ないですよ。京都は「動物園」「植物園」存在して、。吃音克服には、優れた環境です。

 その意味では「吃音改善・研究会」再起、祈念
します。

 すこし、話題、変わりますが、御海容
下さい。

 私、何かといえば「お前 モノ、言うな」
          -「お前が、。モノ。言えば、皆、頭痛がする」
 人差し指。口に立てられます。

 大勢、人がいても、私発言できない。それは、「わかる」ので、そんな雰囲気の場では。私は、無言て゜す。


 しかし、昨夜は「老人ホーム」行きました・
 静かです。シーンとして。まことに、静かです。

 静かな世界を、理想とするならば。それは理想郷

 しかし、私は、これではいけないーーと。思います。

 まさか、老人ホームの
理想郷。壊すほどでなくても、。小石、一つ、投げ込む程度の「音  つまり 発言」許されると、゜思います。

 その程度の「我がまま」許されると思います。

 また、゜吃音の話題に、もどりますね。この投稿欄に、ある言葉「会の活動に、積極的に参加していたら、吃音が、昔ほどでは、なくなった。」

 良い言葉です。
 

Re: 来年もよろしくお願いします。

 投稿者:ふう  投稿日:2017年12月31日(日)15時48分11秒
返信・引用
  > No.2240[元記事へ]

鉄さんへのお返事です。

鉄さん。いつも温かいご投稿をありがとうございます。m(_ _)m

>  来年も、なにとぞ、よろしくお願いいたします。
⇒こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

来年もよろしくお願いします。

 投稿者:  投稿日:2017年12月29日(金)15時25分26秒
返信・引用
  京都の、皆様の会報。楽しいです。皆様の、ご努力。どのページにも、出ています。この掲示板。一人一人の、まじめさ。真実味。味わいが深いです。
それに「写真」たいへん。魅力的です。私なんか、平常、戦前の「小さな活字の本」ばかり、読んでいますから、この゜投稿欄の、写真。何よりも、魅力。

 来年も、なにとぞ、よろしくお願いいたします。


 

Re: 吃音映画

 投稿者:ふう  投稿日:2017年12月27日(水)21時06分0秒
返信・引用
  > No.2238[元記事へ]

ザンバラさんへのお返事です。
ザンバラさん。
ご投稿をありがとうございます。

> 自分は香港映画が好きなのですが吃音と思われる人、映画に出て来ます。
⇒香港映画は、ブルース=リーものしか私は知りません。すいません。
香港映画の出演者は、中国語か英国語でしゃべっていると思いますが、そのしゃべり具合が「吃音状態」だと分かる、ということでしょうか?日本語字幕では、どもっているように書いているのでしょうか?

> あと邦画ですが伊丹十三の映画、「スーパーの女」にもどもりながら一生懸命話す青年が出て来ました。
⇒私は『スーパーの女』を見ていません。折があれば見たいと思います。
2009年の映画『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』では、三谷照男飼育員(演:六平直政)がどもっていました。もっとも、周囲が吃音を指摘したり、三谷飼育員が吃音に悩むとかの場面はありませんでしたが…。

> 「バリバラ」、また吃音がテーマの放送あるみたいですよ。再放送でしょうか?もしそうだとすればこれで5回目の放送になります(笑)。
⇒NHKのサイトhttp://www6.nhk.or.jp/baribara/next/ を見ると、1/21・1/28(日曜日)の放送分で「吃音や場面緘黙でコミュニケーションが苦手な男女8人」が登場するようです。(再放送は木曜深夜)。

> ところで(ふうさん)って、吃音の方なんですか?
⇒昔に比べるとだいぶ軽くなりましたが、一応「吃音者」です。言友会活動を続けているうち、いつとはなしに軽くなっていきました。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

吃音映画

 投稿者:ザンバラ  投稿日:2017年12月27日(水)06時51分30秒
返信・引用
  自分も「英国王のスピーチ」、ブルーレイ持っています。
吃音の人が出て来る映画って外国映画でもたまにありますよね。
自分は香港映画が好きなのですが吃音と思われる人、映画に出て来ます。

あと邦画ですが伊丹十三の映画、「スーパーの女」にもどもりながら一生懸命話す青年が出て来ました。

自分も連発から難発になり、息ばかり出て発声出来ません。

「バリバラ」、また吃音がテーマの放送あるみたいですよ。再放送でしょうか?もしそうだとすればこれで5回目の放送になります(笑)。

「バリバラ」の昔の動画見たのですが吃音、何度か取り上げられてるみたいですね。

ところで(ふうさん)って、吃音の方なんですか?
 

Re: お久しぶりです。

 投稿者:ふう  投稿日:2017年12月21日(木)02時03分57秒
返信・引用 編集済
  > No.2236[元記事へ]

一誤一得さんへのお返事です。

一誤一得さん。お久しぶりです。ご投稿をありがとうございます。
映画『英国王のスピーチ』の日本公開は2011年2月(東日本大震災の直前)でした。私は映画館で見て、後にブルーレイ円盤(元会員が寄付してくれました)で再び見ました。
吃音に苦しむジョージ6世は、言語療法士ライオネル=ローグと共に吃音治療に取組み、何とかある程度吃音が軽くなり、第二次世界大戦での開戦宣言の演説を成功裡に終えることができた、という粗筋だったと記憶しています。

私は最近、『硫黄島からの手紙』(2006年 クリント=イーストウッド監督)を見ました。大東亜戦争(太平洋戦争)末期の硫黄島での日米両軍の激突を描いたものですが、日本兵が書いた家族への愛情に満ちた手紙は、祖国に届けられることは当然なく、戦後数十年たって洞窟壕の土中から発見された、ということです。渡辺謙や二宮和也らの演技は良かった。
日本軍や憲兵による、下級兵や国民への理不尽な暴力が幾度も描かれていたが、無抵抗の日本兵捕虜を米国兵が射殺する場面もあり、イーストウッド監督の冷徹な視座に感心しました。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

お久しぶりです。

 投稿者:一誤一得  投稿日:2017年12月19日(火)09時11分10秒
返信・引用
  みなさん、お久しぶりです。
今日BS-TBSで午後9時から11時30分に吃音の国王の苦悩を描いた『英国王のスピーチ』が放映されます。
私自身も初めて視聴するのですが、とても楽しみにしています。
今年も色々とお世話になりましたが、あと半月頑張ってお過ごしください<m(__)m>
 

Re: 暮らしの 癒し

 投稿者:ふう  投稿日:2017年12月10日(日)17時13分17秒
返信・引用
  > No.2234[元記事へ]

鉄さんへのお返事です。
鉄さん。いつもありがとうございます。

> だから、この投稿欄で、美しい写真、みると、読書の「プラス」以上に、暮らしの、「いやし~潤い」ありがとうございます。
⇒そう言っていただけると嬉しいです。

>  はなし、変わりますが、私、昨年、右足、骨折。医師が言うには「もう、治らない」
>  それで、リハビリ、続けています。
⇒鉄さんの右足が、何とかよくなると良いのですが…。

>  しかし、その病院では、公衆電話。なくなりました。
>  機械に、弱い「高齢者」生きるのが、困難です。
>   今では誰でも簡単に「デジタル・カメラ」
>  使っています。でも、私は、使えない。
>  先日も、小学生が、カメラ 使っている。
>  「玩具のカメラですか」
>  聞いてみると「デシタル。カメラ」
⇒公衆電話はどんどん撤去されてますね。
鉄さんはケイタイとかスマホとかはお持ちではないのですか?
ケイタイとかスマホにはカメラ機能が付いていますから、
簡単に写真(動画も)撮影ができますよ。
きょうびはスマホ全盛で、デジタルカメラすら“時代遅れ”になりつつあります。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

暮らしの 癒し

 投稿者:  投稿日:2017年12月 9日(土)22時20分15秒
返信・引用
   私なんか、若い時から、読書は、文字は、小さく、ページ数は゜、たっぷり。当然、イラストなんかは 零。活字ばかりの、本、買いました。
 だから、この投稿欄で、美しい写真、みると、読書の「プラス」以上に、暮らしの、「いやし~潤い」ありがとうございます。


 はなし、変わりますが、私、昨年、右足、骨折。医師が言うには「もう、治らない」
 それで、リハビリ、続けています。

 しかし、その病院では、公衆電話。なくなりました。

 機械に、弱い「高齢者」生きるのが、困難です。
  今では誰でも簡単に「デジタル・カメラ」
 使っています。でも、私は、使えない。

 先日も、小学生が、カメラ 使っている。
 「玩具のカメラですか」
 聞いてみると「デシタル。カメラ」

  恐れ入りました。
 

Re: 12月号着きました

 投稿者:ふう  投稿日:2017年12月 4日(月)22時21分25秒
返信・引用 編集済
  > No.2231[元記事へ]

森川由美子さんへのお返事です。
森川さん、いつもご投稿をありがとうございます。

> 近日中に同封して頂いた振込用紙を持って郵便局に行きます。
⇒ありがとうございます。

> 名簿に「年賀状などに」とありましたが、今年は(来年は?)失礼いたします。50周年に参加しなかった理由もこれです。
⇒そういうご事情でしたか。私も健康と安全に気をつけたいと思います。

> 名簿の件でお電話いただいた後ももしかしてと思ってチェックしてみたら、迷惑メールにお電話と同じ内容のメールがありました。どうも送信も受信も行き違いがよく発生します。実は50周年行事の1週間後にも追伸を送ったつもりでした。
⇒当方のメールソフトでも、必要なメールなのに、迷惑メールフォルダに入っていたり、逆に迷惑メールが、受信トレイに入っていたりします。なので、注意深くメールの差出人や件名などを確認するようにしています。

> ところで、もみじの紅葉はよく見ますが桜の紅葉もきれいですね。そしてサザンカもかわいいというか、ケーキのデコレーションみたいでおいしそう・・・
⇒広隆寺は、境内の大部分が無料開放されているので、写真を撮り易いです。有名な弥勒菩薩像(国宝第1号ですが、先日まで京都国立博物館で開かれていた『国宝展』では展示されず)は、境内奥の霊宝殿に安置されており、ここは有料です。霊宝殿内には、他の多くの仏像も安置されており、さしづめ仏像博物館のような雰囲気です。

添付の写真は、広隆寺の他の写真(11/21撮影)です。
一枚目の左手の寺務所で、拝観料を払って石畳を進むと霊宝殿があります。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

Re: 400号

 投稿者:ふう  投稿日:2017年12月 4日(月)22時02分4秒
返信・引用 編集済
  > No.2230[元記事へ]

鉄さんへのお返事です。
鉄さん、いつもご投稿をありがとうございます。

>  皆様の会報。
>  紙の質、
>  一段と、良くなりました。
⇒会報は、京都市聴言センター内の青空工房で印刷してもらっていますが、用紙は特に変更されてないかと思います。ただ、今回は写真の写りが比較的良いように思います。

>  12月の例会
> 「動物園」皆様の感想、楽しみです。
⇒屋外での例会ですので、寒いかもしれません…。動物たちもブルブルっかな?

>  忘年会。
⇒会報の裏表紙に望(忘)年会を書き漏らしており、大変失礼しました。鉄さんはご遠方ですので、参加はご無理かもしれませんが、多くの人に来てほしいです。

>  新しい写真も、見せてください。
⇒12月2日の日の出すぐあと位に撮影した、嵐山は渡月橋付近の紅葉写真3枚を添付しました。
一枚目は、対岸(南側)の山の紅葉が今いちですね。綺麗な赤色になっていません。年によって、鮮やかな紅葉の年と茶色っぽい紅葉の年があるようで、今年は後者のようでした。
二枚目は、左岸の比較的綺麗な紅葉です。
三枚目は、渡月橋北詰の紅葉です。朝焼けの光でオレンジ色っぽくなっています。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

12月号着きました

 投稿者:森川森川由美子  投稿日:2017年12月 4日(月)10時54分45秒
返信・引用
  12月4日の午前中に12月号を届けていただきました。ありがとうございます。
近日中に同封して頂いた振込用紙を持って郵便局に行きます。

名簿に「年賀状などに」とありましたが、今年は(来年は?)失礼いたします。50周年に参加しなかった理由もこれです。

名簿の件でお電話いただいた後ももしかしてと思ってチェックしてみたら、迷惑メールにお電話と同じ内容のメールがありました。どうも送信も受信も行き違いがよく発生します。実は50周年行事の1週間後にも追伸を送ったつもりでした。

ところで、もみじの紅葉はよく見ますが桜の紅葉もきれいですね。そしてサザンカもかわいいというか、ケーキのデコレーションみたいでおいしそう・・・
 

400号

 投稿者:  投稿日:2017年12月 3日(日)21時40分19秒
返信・引用
  皆様の会報。400号。ご苦労様。今月の作文の中には、「計算が合わない」と、か書かれている処も、ありますが、一ヶ月一回、会報の発行は、至難のこと。
 私も、今は、活動も後退して、会報も隔月発行。それに、比べて、皆様のご努力。尊いです。
 皆様の会報。
 紙の質、
 一段と、良くなりました。
 12月の例会
「動物園」皆様の感想、楽しみです。
 表紙は「大分県」
 表紙指名された方、自分の責任。毎月。キチンと、果たされて、これも立派です。私の会報は、「表紙 お願いします」、いっても、何も描いてくれないことが。ありますね。
今月の作文。
 私には、よく、わからない理論が、多いですが、作文、書かれて、一人一人。吃音問題に。真剣に。向かって、いるのが、伝わります。
 10月から、11月の一か月間。各地の例会に出かけた人も居たのですね。その、行動力。見習いたいです。
 吃音問題に、良いもの~プラスになるもの、多く、身につけてくださいね。

 私、11月。特別に、集会案内。多くて、誠実に、対処、出来なかったです。

 忘年会。
 例会と、同じ日。皆さんの活動熱心の、表れです。

 掲示板。
 新しい写真も、見せてください。




  
 

琥珀色の 楓

 投稿者:  投稿日:2017年11月19日(日)09時18分10秒
返信・引用
  私は、今、徳富蘇峰の、ロシヤ紀行文。読んでいます。まだ、日露戦争の前、日本人が「ロシヤ文学」に、圧倒、されていた時代に、徳富蘇峰は、トルストイを、訪問しています。それが、゜とっても、おもしろい。
 田舎の駅に、降りて、駅員に「馬車を頼む」と言えば、駅員が言うには「当駅は、馬車なんて、ない」
 仕方なく、徒歩で、トルストイの家に、向かいますが、道がない。
 ただの、平野の真ん中、歩むだけ。
 その「描写」素晴らしい。
 ロシヤの「十月」
 どんな「気候」でしょうか?

 平野の真ん中に「琥珀色の楓」なんて゜文章で、描いて、いますが、おそらく、この投稿の「写真」に、見られるような、美しい「紅葉」と、私は、゜想像しています。

 写真、ありがとうね。
 

Re: ナンキンハゼ

 投稿者:ふう  投稿日:2017年11月16日(木)23時40分50秒
返信・引用 編集済
  森川由美子さんへのお返事です。

> 真如堂が早くも保津川に変わってました。
> 「ナンキンハゼらしきもの」の紅葉は美しいけど、もうそろそろ川下りもツーリングも寒くなってくるなあと思いながら鑑賞させて頂いています。
⇒11/15は昼間の走行だったので、さほど寒くはなかったのですが、11/12の綾部吃音者の集い(片道約80km)の帰路は、夜の暗闇の中を2時間ほど走ったので、ちょっと寒かったです。(雨が降らなくて良かった。)

> 50周年記念行事欠席の連絡を前日の夜に入れたのですが届いていなかったようです。前にも原稿を送ったつもりが届いていなかったので気を付けないと・・・何が原因なのか?
⇒連絡メールされてたのですか!もう一度受信トレイを確認しましたが、矢張り着信してなかったです。原因は分かんないですねぇ…。

> 「自分の事だけでなく、多くの人が救われるために」   阿部さん強いなあ、といつも思います。
⇒あべさんは、よく頑張っておられます。


写真は、嵯峨鳥居本の一之鳥居と落合橋及びトンネル(トロッコ保津峡駅の少し鳥居本寄りにあり)、樒原の四所神社です。紅葉見頃にはもう一つ、といったところでしょうか。
一之鳥居と落合橋は、よくテレビドラマのロケーション現場になっています。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

ナンキンハゼ

 投稿者:森川森川由美子  投稿日:2017年11月16日(木)13時18分46秒
返信・引用
  真如堂が早くも保津川に変わってました。
「ナンキンハゼらしきもの」の紅葉は美しいけど、もうそろそろ川下りもツーリングも寒くなってくるなあと思いながら鑑賞させて頂いています。

50周年記念行事欠席の連絡を前日の夜に入れたのですが届いていなかったようです。前にも原稿を送ったつもりが届いていなかったので気を付けないと・・・何が原因なのか?

「自分の事だけでなく、多くの人が救われるために」   阿部さん強いなあ、といつも思います。
 

ナンキンハゼの紅葉

 投稿者:ふう  投稿日:2017年11月16日(木)00時36分28秒
返信・引用 編集済
  11/15午後に、鳥居本から保津峡を経て宕陰(水尾・樒原・越畑)を“ツーリング”しました。写真は、途中の道端で見たナンキンハゼ(だと思う)の紅葉です。モミジの紅葉に負けず劣らず美しい。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

Re: 胸が、痛いです。

 投稿者:ふう  投稿日:2017年11月13日(月)23時56分7秒
返信・引用
  鉄さんへのお返事です。

> 綾部吃音者の集い。人が、少なくて、胸が痛みます。
⇒確かに、参加者が少なかったのは残念ではありますが、過去には、地元紙が案内記事を掲載してくれたにも拘らず、一般参加者が0人だったこともありますし、一方、一般の方が(同一家族でない)5~6人参加され、3人がその場で入会してくれたこともあります。

>  主催者の御苦労は、決して「無駄」ではないです。
>  一歩、踏み出そうーーと、思って、その「一歩」踏み出せない人も、新聞記事とか、見て「心の中で、半歩。必ず、踏み出していると、信じます」
⇒私もそのように思います。京都新聞等の案内記事を読んで、「『言友会』という吃る人の会が、頑張って活動しているんだなあ」と思った人たちは多くいたと思います。
要は、こつこつ倦まず弛まず会活動を継続していくことが大切ですね。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

胸が、痛いです。

 投稿者:  投稿日:2017年11月13日(月)08時55分43秒
返信・引用
  綾部吃音者の集い。人が、少なくて、胸が痛みます。

 主催者の御苦労は、決して「無駄」ではないです。

 一歩、踏み出そうーーと、思って、その「一歩」踏み出せない人も、新聞記事とか、見て「心の中で、半歩。必ず、踏み出していると、信じます」

 まことに、ご苦労様です。
 

本日の「綾部吃音者の集い」

 投稿者:ふう  投稿日:2017年11月12日(日)20時11分14秒
返信・引用
  参加者数は(残念ながら)(大部分の人類の)両手の指の数に届かず…。でも一般の方が3人(祖母・母・吃音の男子生徒)来られました。兵庫県から来られた会員のAさんが、吃音や言友会のことをうまく説明してくれました。男子生徒さんは、少し心を開いて、これから前向きに吃音に向き合ってくれるのではあるまいか、のような雰囲気が感じられました。
急な事情が生じたので、125mlオートバイにパソコン・プロジェクタ・販売本など積んで縛って9号線・27号線を往復しましたが、無事故無違反無トラブルで帰宅できました。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

11/12(日)綾部吃音者の集いにぜひご参加を!

 投稿者:ふう  投稿日:2017年11月10日(金)19時06分35秒
返信・引用
  明後日11月12日(日)午後1時半から綾部市市民ホールにて、「綾部吃音者の集い」が開かれます。吃音当事者の方、保護者の方、ことばの教室の教師の方、吃音に関心のある方、等々、ぜひご参加ください!
なお、京都新聞さんが本日朝刊紙面で案内記事を掲載してくださいました!

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

森川様へ

 投稿者:あべあきひさ  投稿日:2017年11月 9日(木)18時48分28秒
返信・引用
  クリアーしなければならない課題とは、
そもそも、公共の施設に吃音に関するリーフレットを置いていれば 問題ないのですが、リーフレットが無いことが問題と考えてます。
今まで何故リーフレットを設置できなかったのか?を考えたとき、吃音で悩んでる方に寄り添う、同苦する気持ちを、あまりにも持ってなかったのではないでしょうか?
自分さえ良ければ、自分の吃音がどうにかなったら、それで良いという、事勿れ主義とも言うことでしょうか。
どんな課題を?という質問ですが、多くの方に協力していただけないと出来ません。既に、協力してくださる方は居ますかが、それでは足りません。
京都府に働き掛け、京都府を動かさなければなりません。予算の問題もあります。
この事で、多くの方が、救われると考えてます。
 

Re: エンドレス届きました。

 投稿者:ふう  投稿日:2017年11月 6日(月)19時22分5秒
返信・引用 編集済
  > No.2218[元記事へ]

森川由美子さんへのお返事です。

> 文化の日に11月号が届きました。ありがとうございます。50周年記念行事は参加するつもりだったのに不測の事態発生で残念でした。ただ、「会の更なる発展を図る討論」ができなっかたとのことで、できれば別の機会に企画していただけたらと思います。実は私はこの討論に期待していたのです。
⇒10/15には森川さんのお姿が見えず、この掲示板にもご投稿がなかったので、「どうしたのかな?」と思ってましたが、「不測の事態発生」だったのですね。
森川さんが「50年を顧みて会の更なる発展を図る討論」に期待しておられたとは!何とかしてそのような討論機会を作りたいと思います。

> また、「全言連ニュース」の「こんな例会やってます」の阿部さんの記事を敬意を持って拝読しました。リーフレット配備に向けてクリアしなければならない課題とはどのようなものなのかなど、何かの機会に発信して頂けたらと思います。
⇒(全言連の)リーフレットそのものは、以前からあります。阿部さんが公的施設に配備する活動をされるなら、大変立派なことです。

> ところで、きれいな紅葉の写真ですが、別画像も真如堂になってませんか?わたしの見間違い?・・・
⇒12年も前の古い紅葉写真で申し訳ないです。「別画像も真如堂になってませんか?」とのことですが、別画像は東福寺のものですが…。或いは、森川さん側では画像が切り替わらない、ということでしょうか?

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

Re: 真心の結晶

 投稿者:ふう  投稿日:2017年11月 6日(月)18時58分27秒
返信・引用 編集済
  > No.2217[元記事へ]

鉄さんへのお返事です。

> 京都言友会の、真心の結晶、会報。399号。無事。届きました。ありがとうございます。
> 399号の中心は、創立50周年、記念行事。半世紀。ご苦労様。一口に「半世紀」、言うのは簡単ですが、実務。担当した人々。立派なことです。
⇒小生は1967年の会の創立時メンバーではないので、その時の様子は直接には知らないのですが、「吃音の仲間同士、力を合わせて、吃音の問題の克服・解決に取り組んでいこう」の精神で出発したと思います。そのような初心を堅守して、今後も活動していきたいと思います。

> ゲスト参加の「音楽グループ」よく、与えられた責任、全うしました。
⇒「音楽グループ」(ヨンディサビリティーズ)は外部の人たちなので、当方が「責任」をお与えしたわけではありませんが、そのコンサートには会場の皆さんに感動を与えてくれました。

> 「掲示する写真が、多かった」そのために「時間が足りなかった」これは、どうでしょうか。何の集会でも、100パセント。予定の通りーーなかなか、ないものです。
> 「時間がたりなくて、討論会。出来なかった」
⇒スライドの写真が多すぎたのは拙かったです。途中からでも写真を一部カットすれば良かったなあ、と反省。

> 「できなかった討論会」「普段の例会」で、当てることは、出来ますか。
⇒「普段の例会」は(残念ながら)人数が少ないので、[50年を顧みて会の更なる発展を図る討論]をやるのは、ちょっと無理かなと…。でも、おりふしに話し合いたいと思います。

>「四年半」会から離れていた方でも、「報告」という「大役」任命するところに、京都言友会の「温かみ」感じますね。
⇒「任命」というわけではありませんが、なるべく多くの会員に会報記事を書いていただきたいので、久しぶりに来られた方に原稿をお願いしました。

> 当日は、雨で  参加者が、少なくても、行事は、新聞にも、掲載されて、「参加してみよう」思う人は、多かったと、想像しています。
⇒「京都新聞の案内を見て来ました」と仰ってた方は複数おられました。京都新聞に感謝です。

> 14ページ。聴覚障碍者に、好意的なページ。私には、14ページの中段の記事 「高齢聴覚障碍者の暮らし」関心があります。
⇒「京都市聴覚言語障害センター」は、基本的に耳の不自由な人たちのための施設ですが、京都言友会は「ろうあセンター」時代からつながりを持っています。

> 13ページ。下段。世界に目を向けた、皆さんの活動。すばらしい。私には、とても、真似、出来ない。抄録はえいごによるさくせいが必要~~そのように書かれていることは「英語訳」にも、十分、自信あり~とのことですね。
⇒これは、京都言友会としての活動ではなく、全言連の活動ですが、日本語で演題を書けば、翻訳は何とかなるでしょう。

> 13ページ。上段。広い京都の各地に、活動、ひろげていて、すごいです。
⇒京都言友会は京都府から支援していただいているので、京都市以外で府下の活動をするのは「責務」ですね。
鉄さん。今後ともよろしくお願いします。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

エンドレス届きました。

 投稿者:森川由美子  投稿日:2017年11月 4日(土)16時09分40秒
返信・引用
  文化の日に11月号が届きました。ありがとうございます。50周年記念行事は参加するつもりだったのに不測の事態発生で残念でした。ただ、「会の更なる発展を図る討論」ができなっかたとのことで、できれば別の機会に企画していただけたらと思います。実は私はこの討論に期待していたのです。

また、「全言連ニュース」の「こんな例会やってます」の阿部さんの記事を敬意を持って拝読しました。リーフレット配備に向けてクリアしなければならない課題とはどのようなものなのかなど、何かの機会に発信して頂けたらと思います。

ところで、きれいな紅葉の写真ですが、別画像も真如堂になってませんか?わたしの見間違い?・・・
 

真心の結晶

 投稿者:  投稿日:2017年11月 3日(金)21時11分6秒
返信・引用 編集済
   京都言友会の、真心の結晶、会報。399号。無事。届きました。ありがとうございます。
 399号の中心は、創立50周年、記念行事。半世紀。ご苦労様。一口に「半世紀」、言うのは簡単ですが、実務。担当した人々。立派なことです。
 ゲスト参加の「音楽グループ」よく、与えられた責任、全うしました。

 私のグループも、会の創立から「音楽がない。歌が、ぜんぜん、ない」
 お声に、苦慮してきました。
 音楽は、人間の心に「解放」「喜び」「繋がりを、与えてくれる」と、言われています。

 京都言友会は、「吃音対策」に、中心に置いた活動でも「歌と、踊り」も、視野に入れて、たいしたもの。
 7ページ。写真。演奏会、ダンス、みんなが手話で、、上を向いて歩こう。いいですね。
 「吃音の集まり」に゜「関係のない歌」そのように、思う方も、居て、当然ですが、
私のグループでは、はじめから「歌や踊りがない」と、苦情が、出ています。

 「掲示する写真が、多かった」そのために「時間が足りなかった」これは、どうでしょうか。何の集会でも、100パセント。予定の通りーーなかなか、ないものです。
 「時間がたりなくて、討論会。出来なかった」
 わたしのグループでも、よくあること。
 「できなかった討論会」
 「普段の例会」で、当てることは、出来ますか。

 「四年半」会から離れていた方でも、「報告」という「大役」任命するところに、京都言友会の「温かみ」感じますね。
 当日は、雨で  参加者が、少なくても、行事は、新聞にも、掲載されて、「参加してみよう」思う人は、多かったと、想像しています。

 「10月例会」
 各地の会報。気になった所。読む。いいですね。私も、当初は、各地の会報。届いていましたが、今は「二~三」
 「メーリングリスト」で、会報としていてる団体も、あるそうですね。私の会も「メーリングリスト」にしてほしい「声」多いです。、しかし、肝心の私が「パソコン」使えない。京都からは。鉄さんの所。メールが、届かない~などと、言われていて、最近は「会」継続するにも、パソコンとか、様々な、新しい「機器」に、精通していないと「ダメ」ですね。

 今月は「発送作業」ふたり。ご苦労様。

 表紙担当者。ご苦労様。「縄文時代の土器」やさしい、表情です。

 14ページ。
 聴覚障碍者に、好意的なページ。
 私には、14ページの中段の記事 「高齢聴覚障碍者の暮らし」関心があります。

 13ページ。下段。世界に目を向けた、皆さんの活動。すばらしい。私には、とても、真似、出来ない。抄録はえいごによるさくせいが必要~~そのように書かれていることは「英語訳」にも、十分、自信あり~とのことですね。
  13ページ。上段。広い京都の各地に、活動、ひろげていて、すごいです。

 皆様、ご苦労様です。
 

Re: バリコレ

 投稿者:ふう  投稿日:2017年10月30日(月)18時50分41秒
返信・引用
  ザンバラさんへのお返事です。

> バリバラ、行って来ました。あいにくの雨で出演者の人、大変そうでした。
⇒ザンバラさん。岡崎公園での「バリコレ2017」に参加され、様々な障害者の皆さんと触れ合われて良かったですね。私は、岐阜県高山市での「言友会中部大会」に参加したため、岡崎公園には行けませんでした。

> バリコレの放送は11月みたいです。
⇒「バリコレ2017」の放送は11月の何日なのか、NHKのサイトを見てもまだ掲載されてませんでした。放送の日は私も録画しつつ見たいと思います。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

バリコレ

 投稿者:ザンバラ  投稿日:2017年10月30日(月)06時09分32秒
返信・引用
  バリバラ、行って来ました。あいにくの雨で出演者の人、大変そうでした。
山本シュウさん、出て来た途端にコケていました。
ショーは最初、はるな愛さんの歌から始まりました。

その後、ショーが始まりました。自分は後ろで見ていたのですが中々よかったです。
でも雨で2回目のショーは中止となり、最初のショーも雨で中断されました。

会場では、バリバラレギュラーの女性やあと両足義足の人を見ました。
山本シュウさんは帽子をかぶって、ショーのナレーションも担当していました。
玉木さんは顔にペインティングをして、刀を振っていました。

ショーが中断されたので途中で帰ったのですがその時、玉木さんが会場のテントに入って行くのが見えました。
後半も見に行きたかったのですが例によって睡眠障害が出て、自分はそのまま家で寝てしまいました。

でもバリバラレギュラー、4人のうち3人見れたので大満足しました(あの義足の女性は見れませんでした)。また京都でやって欲しいですが多分もうないと思います(笑)。
寝ないで2回目、行けば良かったと後悔しています。

あと昨日のバリバラ、録画しました。先週のも録画しました。会場には、(吃音症)と書かれた女性もいました。吃音はやっぱり一つの障害なんですね。

バリコレの放送は11月みたいです。どこが放送されるのか、どこがカットされるのか見に行った人は興味があると思います。自分も放送は録画して、永久保存版にする予定です。



 

手話

 投稿者:  投稿日:2017年10月21日(土)23時28分29秒
返信・引用 編集済
  猿の惑星。聖戦記
  人間と猿。お互い、出会えば、どちらかが、相手を、殺します。
 だから、猿の集団が、たった一人の、無防備な人間、ただ「薪の
束」持っているだけの人間と、出会って、その人間。たちまち゜、殺されます。その人間には、一人の「女の子」が居ました。その女の子が「発語不能」で「手話」使います。
 猿の仲間は「人間なんて、殺せ」なんて、言いますが、リーダの猿は「まだ、子どもだから、殺すに、忍びなくて」連れていきます。
 そして、完全武装の、何万人の人間と、出会って、壮烈な激戦の末、ほとんど「戦死」生き残った猿は「奴隷」
しかし、人間には「猿の集団の中に、人間の子」がいるとは。理解できない。

 其れからは「これから、映画、見る人のために」詳しく語りませんが、人間の子と、猿との「コミユニケーション」は、「手話」
 人間に、協力する猿も居ます。「スパイ」と、言うのではょうか。

 第一作と、比較して、猿の人数。

これは、おかしいです。猿ですから「数万匹」
人間も「数万人」
 使われなかった武器は「核兵器」くらい。
双方の「戦闘場面」凄い。
 いわゆる「コンピューター何とか」
 第一作の比ではないです。

 今度の「新作 猿の惑星」
 猿の名前は、第一作と、同じ名前の猿、多かったですね。

 戦闘シーン。
 恐れ入りました。
 

Re: 猿の惑星

 投稿者:ふう  投稿日:2017年10月21日(土)22時40分0秒
返信・引用
  > No.2212[元記事へ]

鉄さんへのお返事です。
鉄さん。いつもありがとうございます。

>  映画。猿の惑星。見てきました。
>
>  とても、今までの「猿の惑星」全部は、見ていませんが、新作の「猿の惑星」見事です。
>  「この映画の中の」人類の歴史で、医学の研究に、失敗した人間が「猿に知能を与えた」半面「人類の半分は、発語機能を喪失」と
> いうところ、面白かったです。
>  発語機能を喪失しても、人間は「手話を覚える」「なるほど」と、思いました。

⇒私の見た「猿の惑星」は、1968年の第1作(主演:チャールトン=ヘストン)だけですが(テレビで)、鉄さんは、最新作の「猿の惑星: 聖戦記」をご覧になったのですね。手話シーンがあるのですか?機会があれば私も見てみたいと思います。

言語を使えるのは人間だけで、類人猿含めて他の生物は一切使えない、鳴き声などで敵の接近などを仲間に知らせることはあるが「言語」とは言えない、とされています。

いつか、人間以外の生物が言語を獲得することはあるのでしょうか?
 

猿の惑星

 投稿者:  投稿日:2017年10月20日(金)18時52分59秒
返信・引用 編集済
   映画。猿の惑星。見てきました。

 とても、今までの「猿の惑星」全部は、見ていませんが、新作の「猿の惑星」見事です。
 「この映画の中の」人類の歴史で、医学の研究に、失敗した人間が「猿に知能を与えた」半面「人類の半分は、発語機能を喪失」と
いうところ、面白かったです。
 発語機能を喪失しても、人間は「手話を覚える」「なるほど」と、思いました。


  人類  猿
 どちらも 絶対に、存在を認めない「生まれながらの仇敵」なのに、猿のリーダーは「みなしご」に、なった人間の子どもを「自分の命を捨てても、助ける」

 反対に「人間のリーダーは、猿に対して、血も涙もない冷血漢」
  ラストまで、惹きつけられる超大作ですが、これから、映画を見る人のために、「結末」書かないです。

 ただ、
人間の医学の研究の失敗で、人類の大半が「言語機能を喪失」と、言うところ。胸が、痛みました。
 

人の心に

 投稿者:  投稿日:2017年10月19日(木)09時26分59秒
返信・引用
     香川
   夏に、ぜんせん、降らなかった雨。水道、断水の直前になったのに、10月に、なって、連日の雨。
 京都、いかがですか。

 京都言友会。高齢の方の「再入会」あったように、日頃の、活動が、雨の後の地面のように、人の心に、しみ込んでいて、「入会したい」「再入会したい」思っている人は、多いと、思います。

 写真「サインダンス」立っている人も、座っている人も、楽しそうです。
 

Re: ご苦労様

 投稿者:ふう  投稿日:2017年10月18日(水)01時11分19秒
返信・引用
  鉄さんへのお返事です。

鉄さん。いつもご投稿をありがとうございます

>  当日。香川は、終日大雨。
>  京都、天候。どうなんだろうと、案じていました。

京都も大雨ではなかったですが、昼頃から本降りがずっと続いていました。
参加者がもう一つ増えなかったのは、雨のためもあったかなと。

10/15の写真を添付しました。立っている人がサインダンス(手話をしながらのダンス)の人です。
 

ご苦労様

 投稿者:  投稿日:2017年10月16日(月)08時11分12秒
返信・引用
  毎月の例会でも、準備するには、会場申し込み。机・椅子の配置。来客の応対など、数えたら、こまごました御用。たくさん有ります。

 まして、会・創立50周年の、大行事。
 小さな御用の、積み重ねで、成功するものです。
 京都ー、言友会。創立50周年。担当されて、御奉仕された、皆様、ご苦労さんでした。

 これを機に、さらなる、新しい一歩一歩、歩んでくださいね。

 当日。香川は、終日大雨。
 京都、
 天候。どうなんだろうと、案じていました。幸い、京都新聞、見て、参加された方。全言連の「幹部」の、方の、参加など、大きな収穫も、有りましたね。
 会場の、写真、また、見せてくださいね。

 ご苦労様でした。、
 

創立50周年記念行事

 投稿者:ふう  投稿日:2017年10月15日(日)23時46分59秒
返信・引用 編集済
  本日の「京都言友会創立50周年記念行事」は、ヨンディサビリティーズの方々や手話通訳者含めて30人ちょうどの参加者になりました。ヨンディサビリティーズの演奏は迫力があり、また軽妙なトークに、参加の皆さんは大いに心を惹かれていたと思います。思いがけず、全言連の若い某幹部の来場がありました。驚くと共に嬉しく思いました。京都新聞さんの案内記事を見て来られた方もおられ、ありがたかったです。
もっと多くの方々に参加して欲しかったけれど、今は行事が無事に終わってほっと安堵しています。

http://www.geocities.jp/kyouto_genyuukai/

 

盛会。さらに大きな記事 

 投稿者:  投稿日:2017年10月10日(火)15時12分47秒
返信・引用
  10月15日。言友会の行事。新聞で、案内されて、なによりです。
この記事。読んで、参加、ためらっていた人も、きっと、一歩 踏み出すと、思います。また、改めて、当日の盛会の様子、記事になりますように。

 滝の写真。
 さわやかですね。

 
 

レンタル掲示板
/38