投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場,2012年最新【腕時計 バッグ 】(0)
  2. ブランド激安市場,2012年最新【LOUIS VUITTON】(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


結局流れのままに

 投稿者:ばってんばーば  投稿日:2017年 5月 9日(火)21時25分51秒
編集済
  絹子さん

今までお忙しい日常でしたからのんびりと過ごされるのも新鮮な事では?
いいGWをお過ごしになったみたいですね。
それに益々お仲がよろしい様で・・(^_-)-☆

体力作りに専念出来たかどうか、娘が休みでしたのでおさんどんから解放され
好きにして過ごす事が出来ました(^.^)
姉達の事は中々進展せずにどうしたものかと思案中ですが、少し時間を置く事に
しました。
上の姉にはさほど時間が残ってもいないのですが、受け入れてくれる施設の待ちが
何人もあってなかなかいい方向に薦めず・・難しいです。
大阪の方は今度は長女が説得しに行く事にしてます。

新しいご家族の誕生が待ち望まれる日々ですね。安産を祈ってます。
ばーば様へ(^_-)-☆
 

体力作り

 投稿者:絹子  投稿日:2017年 5月 9日(火)12時41分25秒
  頑張りましたか?(^^)
御親戚のサポートは何とか目処がつきましたか?

私達は息子家族が来た日以外は、夫婦2人でのんびりしました。
魚を釣りに行ったり、お嫁さんのために安産祈願の御札を頂きに行ったり、
美術館に行ったり、美味しいうどんを食べに行ったり。

最近二人とも物事がきっちり出来なくなってきていますが、それに対する
対応が全然違います。
主人は何事にも真剣に取り組み、反省。次回への教訓を得ます。
私は失敗は忘れることにし、上手に出来なくてもいいと開き直り。

勿論、他人に迷惑を掛けるのは困りますが、遊びに行ってまで反省しなくても
いいのではないかと思うんですよね!
え?どちらかというと主人と一緒がいいですって?(^^)
 

GW

 投稿者:ばってんばーば  投稿日:2017年 5月 1日(月)16時14分58秒
  我が家では何のかかわりもありませんが・・・(笑)
皆様いかがお過ごしの事でしょうか。

私は今主人の姉達の事で忙しくしています。
大阪の姉の連れ合いの体調悪く4月は2回大阪行き戻り、一息ついて今度は佐賀の一番
上の姉の件で又佐賀へと行ったり来たり。
長姉の娘は今の病院の治療では満足せずに何とかリハビリや日常の治療の中で母親の
為にしてあげられる最大の事をと奔走中で私らも出来る限りの協力をしてあげようと
思ってます。

大阪の姉達を私たちの近くの施設で暮らして貰おうと話を聞きに行ったら、姪の方が
自分の母を入れたいと乗り気になりました。
姪は福岡、姉は佐賀の病院と離れているけどそれでも姉にとって一番いい環境で過ごさせて
やりたいと姪は必至です。
どれだけの事が出来るかはわかりませんが、姉の為に姪の為に手助けしようと思ってます。
最後をどこで送るか、二人の姉のいくすえもそうですが、私達も真剣に考える時が来たと
痛切に感じるこの頃です。

さぁて私もまだまだ元気でいなくてはならないのでGWは体力作りに専念しなくては(^_-)-☆
 

あれから一年

 投稿者:ばってんばーば  投稿日:2017年 4月15日(土)20時31分30秒
  絹子さん

この数日いいお天気が続いてますね。
前震のあった昨日の時間、我が家ではあの時の事を一人一人思いを込めて話しました。
そして続く本震へとありえない事が起こるものだと言う事も。
大きな災害があった地区へはマスコミも大々的にとりあげるのですが、本当は
熊本県あるいは大分県と至る所地震の爪痕は深く残ってます。
我が家の近くも取り壊しがあって更地になってたり、道路がまだぼこぼこだったりしてます。
それでも少しづつ復興へ向かってるのも事実です。
辛い一年でしたが、熊本への支援を全国から頂いた事、人の心の温かさに触れ涙した事も
ありました。
被災者になって見てわかる気持ちも初めて知りました。
恐怖の中で過ごした日々も今から考えると悪い事ばかりではありませんでした。
私達が受けた支援は次には心が籠ったお返しになるのではと思ってます。
無残な姿の熊本城も少しづつ復興へ向かいつつあります。
県民のシンボル熊本城が修復される姿を願うのは皆の願いであり、復興にかける
皆の希望の星です。

昨日から至る所で追悼式や復興イベントが行われています。
NHKではあさイチの生中継があり、私のお勧めの場所南阿蘇の様子が放映されてました。
阿蘇山を望む場所が映ると絹子さんがご覧になった所があるのでは?と思ったりして
ました。
いつまでも心を寄せて頂き有難うございます。
 

良いお天気ですね

 投稿者:絹子  投稿日:2017年 4月14日(金)09時01分14秒
  熊本地震からもう1年経ちましたね。
お忙しい毎日のようですが、お身体の調子を崩されてはいませんか?

地震の少ない県に起きた地震、しかも2回も大きな地震が襲い、土地自体の
性質もみつかったりで、今も通常の生活への準備が始められない方が沢山
いらっしゃるそうですね。南阿蘇でも橋が落ち、その復旧のための工事に
畑が使われている状況で農業も出来ず、まだ飲み水も供給されていないという
話も聞きました。集中豪雨も追い打ちを掛けたそうですね。

こちらからではわからない辛さが沢山あるでしょうが、被災された皆さんが
今日の天気のように明るく温かい日々を一日も早く迎えられるように、
心よりお祈りしています。
 

きさらぎさん

 投稿者:絹子  投稿日:2017年 4月14日(金)08時34分27秒
  お悔やみを有難うございました。
随分とお返事が遅くなって、申し訳ありません。
そうですね、正に天寿を全うしました。方丈様もおめでたいことと仰っていました。
津端修一さんもばってんさんのお祖母様も母も「旅立ち」や「往生」という言葉が
ふさわしい気がします。
 

人生の最後

 投稿者:ばってんばーば  投稿日:2017年 3月29日(水)16時09分33秒
  きさらぎさん

私らもその事を色々考えねばならない時期が近づいて来ましたね。
元気な人の様子を見れば私もそうありたいと思ったりしながら・・。

私の実家は母の方が先に逝って家事一切祖母が取り仕切っていました。
米寿を迎えようとする祖母を祝おうと遠くに住む叔母が帰って来て
二人で布団を並べて遅くまで話をしてたようです。
朝なかなか起きてこない祖母を呼びに行ったら布団の中で亡くなってました。
横で寝ていた叔母が気が付かないほど静かに息を引き取って行ったのでしょうね。
亡くなる寸前まで実家にとってかけがえのない大事な人だった祖母を悼み一緒に住んで
いた弟はとめどもなく涙を流していました。
本人が穏やかな最後を迎えられたらそれが一番いい事だと後々に思うようになりました。

津端さんも最後まで好きな事されて食事も普通にされて旅立たれて本当に立派な
人生を送られた羨ましい限りです。
 

絹子さん

 投稿者:きさらぎ  投稿日:2017年 3月28日(火)16時37分21秒
  お姑さまのことお悔やみ申し上げます。

でも、100歳までもう少しというところまでお元気でいらしたことは素晴らしいことですね。
お昼寝のまま旅立たれたとのこと、幸せなことだったのではないでしょうか?

先日、「人生フルーツ」というドキュメンタリー映画を見ました。

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンに住まわれていた建築家 津端修一さんご夫婦のお話でした。
87歳と92歳のご夫婦。
家に周りに雑木林を作り畑を作り、いろいろとと手作りのもので穏やかな生活でした。

ご主人は颯爽と自転車に乗ったりされていましたが、ある日の午後、食事の後にお昼寝をして
そのまま旅立たれたそうです。気持ちよく過ごされたのかなあとうらやましい感じがしました。

お別れは寂しいものですが天寿を全うされてすばらしいことでしたね。

 

大変でしたね

 投稿者:ばってんばーば  投稿日:2017年 3月27日(月)15時36分37秒
  絹子さん

お姑様がお亡くなりになったとの事、ご愁傷さまでした。
今までお元気にお過ごしでしたでしょうからさぞお力落としの事でしょうね。
でも、伺えばご家族の温かいお気持ちの中で安らかに逝かれたようで何よりでした。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

この年?になりますと周りでは訃報を聞く事が多くなってきました。
お姑様のように穏やかな日々の中でうーんと長生きする事を目標に頑張りましょう。
お互いにネ(^_-)-☆

姉はまだ意識がはっきりしない状態が続いてます。一昨日も病院に行って来ましたが
呼びかけても私らをわかってくれたかどうか・・・
元気な頃の姉は長時間かけてくる私らをいつも気遣ってくれ、帰り着いて電話するまで
気がかりだと話してました。

そんな姉にもう一度せめて話ができるくらいになってほしいと姪夫婦と相談して
姪の近くの介護付き老人ホームに申し込んだのですが、姉の状態を見に来られた
施設からは受け入れ不可能と判断されました。
一般の病院でただベッドに寝てるだけで見舞いの私達もゆっくりそばに付き添っていられない
環境から出してあげたいと施設をあちこち探してます。
 

御無沙汰です

 投稿者:絹子  投稿日:2017年 3月27日(月)06時58分50秒
  ばってんさん、お変わりありませんか?
あじさいさんとお茶ですね♪混ぜて混ぜて~。
御主人様のお姉様、その後良い方向に向かわれていますか?

こちらも色々良いことも辛いこともありました。
先ず、主人の母があと10日で100歳になるというところで、旅立ってしまいました。
昼間歩いて食堂に行きしっかり食べ、いつも食後は疲れるので横になるのですが、
そのままお昼寝の間に逝ってしまいました。一昨日七七日忌を執り行いました。
とても残念なのは勿論ですが、母の足を揉みながらいつもの昔話をし、ひ孫の話をした
穏やかな楽しい時間が心に温かいものを残してくれています。
100歳位長生きすると幸福感が増すと聞きますが、正にそんな感じでした。
ばってんさんもあじさいさんも、それを目指して下さいね!
 

/111